トロン(TRX)仮想通貨とは?これから価格はどうなる?

最近Twitterでも話題になっている

 

トロン(TRX)仮想通貨。

 

時価総額から見ても上位のアルトコインなのに、

まだ、0.07ドル(約7円)。

 

最近高騰を見せていますが、

さらに値を上げそうなプラス材料があります。

 

トロンとはどんな仮想通貨なんでしょうか?

トロン仮想通貨とは?将来性は?価格はどうなる?

トロン基本情報

名称 トロン
共通単位 TRX
発行枚数 100,000,000,000TRX
アルゴリズム
ホワイトペーパー https://dn-peiwo-web.qbox.me/Tron-Whitepaper-1031-V18-EN.pdf
仮想通貨としての役割り 中央集権化しない自律的なコンテンツの配信(クリエイター向けである)
デジタル資産を流通させる

2020年までにアップデートしていくトロン

トロンは2020年までに

 

6段階のアップデートを計画しています。

 

エクソダス

P2Pに基づいたアップデートを行い、

音楽や動画データのアップロード、保存や配布の仕組みを確立する。

 

オデッセイ

経済的なインセンティブ・エンパワーメント・

コンテンツエコロジー・ブロックチェーン技術で

 

クリエイターなどのデータ提供者に公正なリターンがあり、

そして公平な競争をすることができる。

 

これによりデータ提供者はコンテンツに権限が与えられ、

システムも拡張が続けられます。

 

グレートボヤージュ

 

トロンはブロックチェーンのメリットを基にし、

所得の測定や、配当の支払い、サポーターの管理まで、

三つの主要な問題を解決しつつ、

透明性のある運用を目指していきます。

 

アポロ

各コンテンツの作成者が、

中央集権化しない独自のトークンを発行できることを

トロンがサポートします。

 

非中央集権化型のプラットフォームを確立することにより、

 

システムの価値や財産権利、リスクをも自由に交換し

システムの経済的活力を

幾何学的倍数で高めていきます。

 

スタートレック

2014年、世界のゲームの市場規模は4500億ドルを超えている。

 

トロンネットワークにより、非中央集権化型の

オンラインゲームプラットフォームを構築可能。

 

開発者は、トロンを通して

オンラインゲームプラットフォームを自由に構築することができる。

 

完全に自律的なゲームを提供して

市場機能を予測することができる。

 

エタニティ

2016年グローバルビデオゲーム市場は96億6000万ドルを達成し、

うち電話ゲーム市場は42%の46億ドルでした。

 

トロンはオンラインゲームプラットフォームの確立を提供する可能性があり、

 

開発者はトロンを通じゲームプラットフォームを自由に設定、

 

ゲーム開発費を一般的な投資家から集めることを可能にします。

 

このように、2020年までにトロンは段階を経て

機能をパワーアップさせていく予定です。

 

あのビットコインキャッシュのジハン・ウー氏がプロジェクトの一員

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂した仮想通貨ですが、

ビットコインのマイニング組織であるBitmainの運営者が

ジハン・ウー氏です。

ビットコインの神様と言われ、

ジハン・ウー氏が発言すると仮想通貨相場に影響があるぐらい

権力の強い人物です。

 

ジハン・ウー氏が関わっているのが、

トロンです。

Peiwoへの導入が決定している

Peiwoとは、中国で1000万人が利用する

音楽ストリーミングサービス。

 

このPeiwoにトロンが使われることがわかっています。

 

今の予定では、2018年2月16日~3月30日までに

トロンが実際の支払い決済に使われる予定でいます。

 

1000万人がトロンを決済に使い出すと、かなり広く使われることになりますね。

 

日本の取引所に上場予定か?!

トロンのCEOであるJustin Sun氏が2017年12月に来日しました。

 

その際のTweetで、日本の取引所にトロンが上場予定であることを

示唆しています。

噂では1/8みたいですが、どうなんでしょうか?

トロンが日本の取引所に上場したら

高騰は必須でしょうね。

トロンを5万円分ぐらい買ってみた!

このように、明るい材料の多いトロン。

 

なんとこの記事を書いているうちに、

トロンが10倍超高騰してしまいました^^;

ではトロンの購入方法を解説したいと思います。

 

トロンは今のところ国内の取引所では購入できません。

 

トロン購入の流れを説明すると、

 

①国内取引所でビットコインまたはイーサリアムを購入

コインチェックまたはzaifがおすすめです。

 

コインチェック・・・初心者向けで使いやすい

zaif・・・イーサリアム購入時の手数料が安い

 

 

②購入したビットコインまたはイーサリアムをバイナンスに送金

 

③バイナンス内でビットコインまたはイーサリアムが着金したら

トロンを購入

 

という流れになります。

 

私は送金が早いイーサリアム建てにしました。

 

 

 

バイナンスにまだ登録していない方は、

以下の記事で登録方法を詳しく解説しています。もちろん無料で登録できます。

⇒バイナンス無料登録方法こちら

 

 

バイナンスにログイン

ログイン→資産→預金→イーサリアムのアドレスをコピーする

 

 

zaifにログインし、イーサリアムの出金。

出金アドレスにバイナンスのイーサリアムコピーしたアドレスを貼り付ける。

→出金。

 

zaifの出金履歴で出金準備中となればOK。

 

バイナンスに送られるまでしばらく待ちます。

※今回イーサリアムでの送金は約10分で完了しました。

イーサリアムはアップデートの前はかなり送金に時間がかかっていたものの、

アップデート後は送金時間がかなりスピーディーになった印象です。

 

バイナンスでトロンを購入!

 

バイナンスに無事送金完了したら、

早速バイナンスでトロンを購入してみましょう。

 

バイナンスのページ上部に

取引センターとあるので、ベーシックを選択します。

今回はETH建てでトロン(TRX)を購入したいので、

虫眼鏡の所にTRXと入力します。

 

Marketを選択し、

購入通貨がTRXにきちんとなっているか確認しましょう。

 

今回私は保持しているイーサリアムすべてをトロンの購入にあてたかったので、

100%を選択しました。

その後購入です。

 

 

無事にトロンを購入完了しました。

 

これからのトロンの動向が気になります!

 

バイナンスは手数料0.1%でトロンが購入できます。

 

日本語対応なので、迷うことなくお得にアルトコインを購入できますよ。

 

 

※バイナンスの無料登録方法は以下の記事で図解入りで詳しく解説中。

⇒バイナンス登録方法こちら

 

 

 

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です