ビットコインとは?今さら聞けない!?儲かるの?

最近ではテレビのニュースでも


ビットコイン関連の報道を耳にすることが多くなりました。


でも、ビットコインと言われても、


日常生活で使うこともないし、


一体どんな風に使うのか?そもそもビットコインって何?


と思われる方も多いかと思います。


ここでは、ビットコインとは?やビットコインの今後の将来性などについて


初心者でもわかりやすいように解説していきたいと思います。

ビットコインとは?何に使う?今後の可能性は?

ビットコインとは?



ビットコインとは、仮想通貨(暗号通貨)の一種です。


仮想通貨は現在では約2000種類も存在し、


その中でもダントツの取引量を誇るのがビットコインです。





これは仮想通貨市場の取引高ランキングなんですが、


ビットコインは、画像の通り、ダントツで取引量が多いことがわかると思います。


仮想通貨自体、ビットコインのP2Pシステムを基軸に生まれた通貨ですから、


ビットコイン以外の仮想通貨は、ビットコインのシステムを応用されて派生した仮想通貨となります。


つまり、ビットコインが仮想通貨の生みの親であり、


P2Pシステムそのものが金融市場の大革命を起こすと言われているぐらい革新的な技術なのです。


P2Pシステムを理解すると、仮想通貨全体の理解が一段と深まります。


⇒P2Pをもっと詳しくこちら!


ビットコインとは、お金のやり取りを、


国や銀行を通さずユーザー間のみでやり取りを可能にした非中央集権化の


通貨というのが最大の特徴です。


これにより、少額決済もネット上でスピーディーに完了しますし、


今まで銀行間で多額に取られていた多額の手数料もカットできます。


こういったビットコインのメリットは、


ユーザー間だけのやり取りにとどまらず、


企業活動にも取り入れることができるため、


ビットコインが世界中で注目されることになったのです。

ビットコインはどうやって使う?



では、今注目のビットコインは実際にどうやって使うのでしょうか?


日本は世界に比べてビットコインの普及が約2年ほど遅れていると言われています。


しかし、ここ日本でもようやく小売り業でもビットコイン決済を取り入れ始め、


ビットコインが使える店舗はじょじょに増えています。


例をあげますと、


・ビックカメラ
・丸井
・H.I.S旅行会社で旅行代金決済


などなど。少しずつではありますが、


ビットコインが使える店舗というのは拡大しつつあります。


これから2020年に東京オリンピックを控え、


海外では普及している外国人観光客対応で


ますます日本のビットコイン取り扱い店が増える可能性が高いです。


つまり、ビットコイン価格も東京オリンピックが一つの節目となる、


ということですね^^

ビットコインの今後の可能性




こちらはビットコインの一年チャートです。


2016年5月には1ビットコイン72,000円だったものが、


2017年8月には1ビットコイン509,000円の値をつけています。


また、ビットコインが公開された頃というのは1ビットコインあたり0.07円でした。


つまり、ものすごい値上がりを見せているんですね。


世界中の投資家やアナリストは、


将来的にビットコインは1ビットコイン100万円~500万円までは


値を上げるだろう、と予測しています。


ビットコインがこれからも価値を高めるか?


については、いかに「世界中のみんなに求められるか?」


にかかっています。


少額決済としての速さや手数料の安さ、


かんたんには破られない強固なブロックチェーンはこれからも急速に拡がる


可能性が高いです。


世界の投資家たちが1ビットコインあたり100万円を予測していることから、


これからもビットコインへの投資で十分運用益が出る見込みはあります。


まずは少額投資で長期保有をおすすめしたいと思います。


今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ