ビットコインでよくでてくるナカモトサトシって誰?

仮想通貨(暗号通貨)の投資している人、開発者は、
[br num=”1″] ビットコインを生み出したナカモト・サトシ氏が
[br num=”1″] 一体誰なのか?
[br num=”1″] については共通の関心事だと思います。
[br num=”1″] では、ビットコインの父、ナカモトサトシは誰なのか?
[br num=”1″] どんな論文なのか?を見ていきましょう!

ビットコインのナカモトサトシは誰?

ナカモトサトシは何をした人?

ナカモトサトシとは、ビットコインの発明をした人です。
[br num=”1″] ビットコインが誕生するまでは、
[br num=”1″] 決済については銀行という一元化された中央集権に頼らずを得ず、
[br num=”1″] 手数料は高額で時間もかかる、という不便さがありました。
[br num=”1″] しかし、ビットコインは中央集権に頼らず、
[br num=”1″] ユーザー間のみで通貨をやり取りできます。
[br num=”1″] ユーザー間で通貨をやり取りするには、堅牢なセキュリティシステムが必要です。
[br num=”1″] これを、ナカモトサトシ氏はP2P方式でありブロックチェーンで非中央集権型の決済を可能にしました。
[br num=”1″] ビットコインのシステムは単なる通貨のやりとりだけではなく、
[br num=”1″] 色々なテクノロジー、契約などにも応用ができ、
[br num=”1″] 世界でも有名な会社も(amazonとかマイクロソフト社、Google社も)、ビットコインのシステムを採用しています。
[br num=”1″] ナカモトサトシ氏が発明したビットコインは、
[br num=”1″] インターネットに次ぐ、「金融革命だ」と世界中で注目されています。

ナカモトサトシは現在も正体不明

では、ナカモトサトシ氏とは一体誰なんでしょうか?
[br num=”1″] 結論からいいますと、正体は不明です。
[br num=”1″] ナカモトサトシ氏が2008年にビットコインの論文を発表し、
[br num=”1″] アメリカのギーグと呼ばれる(オタクみたいな)エンジニアが開発にあたりました。
[br num=”1″] ビットコインの開発については、ナカモトサトシ氏とエンジニア同士では
[br num=”1″] メールのみでやり取りが行われ、
[br num=”1″] ナカモトサトシ氏はエンジニア達に自分の素性は一切明かさなかったと言われています。
[br num=”1″] ナカモトサトシ氏の正体については、
[br num=”1″] 世界中が注目しており、
[br num=”1″] ・京大の大学教授ではないか?
・オーストラリアの投資家ではないか?
・アメリカ在住の日系人ではないか?
[br num=”1″] などなど…噂が後を絶ちません。
[br num=”1″] 一部情報によると、オーストラリアのとある人物が、
[br num=”1″] ビットコインの発明者が自身である、というインタビューに答えたらしいですが、
[br num=”1″] あくまでも「らしい」レベルの話であり、いまだナカモトサトシ氏の本当の素性はわかっていません。

ナカモトサトシの論文ってどんな?

ビットコインはナカモトサトシ氏のたった9ページの論文から
[br num=”1″] 生まれました。
[br num=”1″] 論文というと膨大な量から構成されているイメージですが、
[br num=”1″] ビットコインの論文はたったの9P。
[br num=”1″] 論文の原文はいつでも誰でも読めるようになっています。
[br num=”1″] ビットコイン原文:https://bitcoin.org/bitcoin.pdf
[br num=”1″] ビットコインの論文の日本語訳は、コインチェックのブログがわかりやすいです
[br num=”1″]

純粋なP2P電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求めらため、その恩恵は失われる。当システムはP2P電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。このネットワークは取引に、ハッシュベースの継続的なプルーフ・オブ・ワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成する。最長である一連のチェーンは、取引履歴を証明するだけでなく、それがCPUパワーの最大のプールから発せられたことを証明する。大多数のCPUパワーがネットワークを攻撃していないノード(ネットワーク接続ポイント)によってコントロールされている限り最長のチェーンが作成され、攻撃者を凌ぐ。ネットワーク自体は最小限の構成でよい。メッセージは最善努力原則で送信され、ノードは自由にネットワークから離脱、再接続することができ、離脱していた間のイベントの証明として最長のプルーフ・オブ・ワークチェーンを受信する。

[br num=”1″] 数学が苦手で、万年数学だけオール3だった私にとって、
[br num=”1″] 日本語訳を見ても難しいです^^;
[br num=”1″] もう少し、ブロックチェーンやプルーフオブワークについて知りたい方は
[br num=”1″] こちらの記事も参考にしてみてください↓ ↓
[br num=”1″] ⇒ブロックチェーンテクノロジーをわかりやすく解説!
[br num=”1″]

どうして正体を明かさないか個人的な考え

ナカモトサトシ氏のその後の消息なんですが、
[br num=”1″] 2008年にビットコインの論文を発表し、
[br num=”1″] 開発者達に仕組みやリリースの手伝いなどを行い
[br num=”1″] その後、「他にやることがあるんだ…」となんともかっこいい事をいいそのまま消息を絶っています。
[br num=”1″] 名誉欲でもあれば、こんなに有名になっているビットコインを発表したら
[br num=”1″] 「私がビットコインの発明者です!」
[br num=”1″] なんて名乗り出てもいいように思いますよね?
[br num=”1″] ここからは私の超個人的な考えですが、
[br num=”1″] ナカモトサトシ氏が身を守るため、だと思っています。
[br num=”1″] 銀行・資本主義・その下にいる労働者は「利権」が強く関係しています。
[br num=”1″] 支配者と支配される者、ですね。
[br num=”1″] つまり既得権益です。
[br num=”1″] 資本主義とは、富が偏る性質があり、世界の人口から考えると
[br num=”1″] 莫大な富を手にしている人数は極少数であり権力も強いことでしょう。
[br num=”1″] 今まで貨幣経済というサイクルで上手く立ち回ってきた既得権益にとって、
[br num=”1″] 自分たちの収入源である銀行・貨幣をみすみす失うなんて
[br num=”1″] マイナスでしかありませんね?
[br num=”1″] そうであればビットコインなんて邪魔としかいいようがない。
[br num=”1″] だからこそ、ナカモトサトシ氏は自身の身を守るためにも、
[br num=”1″] 正体を明かさないのでは?
[br num=”1″] なーんて、私も長い映画を観ているかのような、毎日妄想するのも楽しくて仕方ないわけです。
[br num=”1″] ビットコインがこれからさらに発展するのか?
[br num=”1″] 国・銀行が仮想通貨を邪魔してくるのか?(中国とか。)
[br num=”1″] これからも仮想通貨全体の動きから目が離せませんね。
[br num=”1″] あーこでした^^
[br num=”1″]

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です