リップルは高騰する?投資するべき?

仮想通貨の取引き高3位を誇るリップル。
[br num=”1″] リップラーと呼ばれる人たちからすると、
[br num=”1″] リップルが20円付近でウロウロしているのが
[br num=”1″] もどかしいようですね(笑)
[br num=”1″] では、将来的にリップルは高騰するんでしょうか?
[br num=”1″] リップルは投資対象となるのか?
[br num=”1″] 一緒に考えていきましょう。
[br num=”1″]

リップルは今後高騰するのか?

イングランド銀行とリップル


これはコインチェックでのリップルチャートなんですが、
[br num=”1″] リップルって価格の乱高下がかなり激しいんですね(汗)
[br num=”1″] 今までの価格推移ですが、
[br num=”1″] 他の仮想通貨と同じでまずは低い価格をずっとウロウロします。
[br num=”1″] そして一気に急騰するのが仮想通貨の価格推移の特徴ですね^^
[br num=”1″] 仮想通貨が急騰するタイミングは
[br num=”1″] 大きな発表がある時です。
[br num=”1″] 特にイングランド銀行が2017年3月17日にリップルに参加する、
[br num=”1″] と発表した時、リップルの価格が高騰しました。
[br num=”1″] イングランド銀行とは、イギリスの中央銀行です。
[br num=”1″] 日本で言う所の日本銀行に当たる銀行ですね。
[br num=”1″] 中央銀行というのは、その国の紙幣を発行する役割りのある銀行です。
[br num=”1″] 中央銀行は紙幣を大量に発行する必要があり、
[br num=”1″] 同時にお金の収入と支出のバランスを保つ必要もあります。
[br num=”1″] しかし、この「収入と支出のバランスを保つ」ことについて、
[br num=”1″] 今まで現金をいったんプールする必要がありました。
[br num=”1″] そこで仮想通貨が登場し、
[br num=”1″] 仮想通貨のブロックチェーンが革命を起こします。
[br num=”1″] リップルは法定通貨と仮想通貨とを結ぶ機能を持つ仮想通貨です。
[br num=”1″] ⇒リップルって何?どんな通貨?詳しくはこちら!
[br num=”1″] それを利用してイングランド銀行はリップルを採用することに決めました。
[br num=”1″] これは日本のメガバンクに対してもとても大きな影響を与えることになります。
[br num=”1″]

日本のメガバンクとリップル

りそな銀行、みずほ銀行、その他中小銀行が、
[br num=”1″] SBI Ripple Asia が主導するRCクラウドを構築する、と決定しました。
[br num=”1″] これらメガバンクと中小銀行数十行がリップルを採用すると発表した後、
[br num=”1″] リップルはさらに高騰しました。

りそなグループのりそな銀行(社長 東 和浩)は、SBIホールディングス株式会社及びSBI Ripple Asia株式会社が事務局を務める「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」の発足メンバーとして参加することで、合意いたしました。

本コンソーシアムでは、ブロックチェーン技術の活用により、国内外の送金を一元的に扱えるシステムの構築を検討いたします。これにより、従来の全銀システムでの国内送金やSWIFTによる海外送金では対応しきれない新たなサービスの提供を目指します。

引用元:http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/resona_c/20161003_1a.html

[br num=”1″] これはどういうことか?
[br num=”1″] ですが、今まで銀行間送金というのはSWIFTコードというのを使い、
[br num=”1″] 送金に時間とばく大なコストをかけて銀行間送金を行っていました。
[br num=”1″] 私がアメリカの会社に在籍していた時も、
[br num=”1″] アメリカからのお給料を日本の銀行に送金して
[br num=”1″] 私が手にするまで数日もかかっていました。膨大な手数料と共に。
[br num=”1″] これは海外間の送金に、いったん銀行を通さないと送金も入金もできないシステムだったんです。
[br num=”1″] これがリップルですべて解決してしまう。
[br num=”1″] また、メガバンク以外の中小銀行というのは、
[br num=”1″] メガバンクと比較して取り扱うお金がものすごく少ないです。
[br num=”1″] すると、メガバンクに中小銀行は頼って小さな決済をまとめてメガバンクに委託していました。
[br num=”1″] すると、中小銀行からみてその手数料は、メガバンクから決められた手数料を払う必要性があったんですね。
[br num=”1″] しかし、リップルであればブロックチェーン技術で銀行を仲介しなくて済みます。
[br num=”1″] 膨大な手数料と時間をリップルという仮想通貨があっという間に解決できるようになってしまった。
[br num=”1″] これから銀行間の送金手数料はリップルのおかげで手数料10円まで下がると言われています。
[br num=”1″] このように日本を含めた世界中の銀行が一斉に動き出した、と見ていいと思います。
[br num=”1″] 従来のSWIFTコードがなくなる、なんて私からすると
[br num=”1″] 動きが早すぎてちょっとついていけないぐらいの感覚でいます。
[br num=”1″] ここでちょっと思い起こしてみてください・・・
[br num=”1″] 通貨というのは、「みんな」が使い出すと価格は高くなります。
[br num=”1″] この銀行の動きそのものがみんな、と考えることもできますね^^

仮想通貨の過去上がり方を参考にしてみる


[br num=”1″] こちらはリップルの購入者層です。
[br num=”1″] 一番多いのが、「Bithumb」という韓国の大手仮想通貨取引所です。
[br num=”1″] 韓国人ってリップルを爆買いしてるんですね~
[br num=”1″] 世界で一番ユーザーが多いのがPoloniexですが、
[br num=”1″] 日本はおそらくコインチェックかビットフライヤーが多いでしょう。
[br num=”1″] otherの部類に入っていると思われます。
[br num=”1″] 日本人はあんまりリップルを買っていない^^;
[br num=”1″] ただ、仮想通貨というのは国内の動きではなくて
[br num=”1″] 世界情勢を見る必要性がありますね…
[br num=”1″] もし、リップルが気になるのであれば、
[br num=”1″] 高騰した後、いったん値が落ち着いた頃、
[br num=”1″] 少額で投資するのが一番ローリスクだし、
[br num=”1″] 今後値上がりする通貨に対してリターンを期待できる購入方法です。
[br num=”1″] リップルの今後の動きに目が離せませんね。
[br num=”1″] リップルを購入できるのは、コインチェックになります。
↓  ↓  ↓
⇒コインチェック無料登録はこちら!
[br num=”1″][br num=”1″]

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です