リップル550億XRPのロックアップを完了!今後の将来性に期待!

つい先日、リップル社が550億XRPのロックアップを完了しました。
[br num=”1″] リップルのロックアップ完了で今後さらに
[br num=”1″] リップル(XRP)が市場に出回りやすくなります。
[br num=”1″] 今回はリップルのロックアップ完了の意味と、
[br num=”1″] 今後のリップルの将来性に期待できるのはどうしてか?
[br num=”1″] について詳しく紹介していきます。
[br num=”1″]

リップル550億XRPのロックアップを完了の意味とは?!

[br num=”1″]
[br num=”1″]

リップルのロックアップ完了ってどんな意味?

[br num=”1″] 2017/12/08にリップル社より、
[br num=”1″] 「550億XRPのロックアップが完了した」という公式アナウンスがありました。
[br num=”1″] 以下がリップル社からの公式アナウンスです。
[br num=”1″]

今年の前半に、Ripple社はXRPの供給確実性のために、55BnのXRPを暗号学的に保証されたエスクローアカウントに預託することを公言しました。
[br num=”1″] Ripple社のXRPの持分の大部分がエスクローに預託されることで、マーケットは、数学的にXRPの市場への最大供給可能量を把握することができるようになりました。
[br num=”1″] Ripple社が市場にXRPを過剰供給しようと思えばできるという点について、それはRipple社にとって良くないシナリオであるということは繰り返し述べてきましたが、今回のロックアップ(エスクロー預託)によって、そのような懸念は完全に取り除かれることになります。
[br num=”1″] 価値の貯蔵という意味ではBitcoinはその役割を果たしていますが、XRPはそれだけではなく、取引の即時性、BTCやETHよりも桁違いに速いスループットを提供します。他のデジタルアセットは引き続き取引リミットの壁に突き当たっていますが、XRPは世界で最も速く、最も効率的で、そして最もスケーラブルなデジタルアセットであり、送金に最も適しています。金融機関がこれまで欲してきた国際送金のオンデマンドの流動性を提供してくれる救世主としてXRPを認識し始めているということは当然といえば当然の結果です。
[br num=”1″] RippleはこのEscrow機能を活用して、各10億XRPからなる55のコントラクトを設定します。各コントラクトは第0ヶ月目から第54ヶ月目までの各月の第1日目に失効します。各コントラクトが失効するごとに10億XRPがロックアップからリリースされてRippleが使うことができるようになります。これらのXRPは、引き続き、送金や機関投資家向けの売却においてタイトなスプレッドを提供するマーケットメーカーへのインセンティブとして使うと想定されます。
[br num=”1″] 各月の終わりに使われずに残ったXRPはエスクローのロテーションに戻されます。例えば、最初の月の終わりに5億XRPが使われずに残った場合、その5億XRPは新たなエスクローアカウントに預託され、第55ヶ月目に失効するように設定されます。参考までに、Rippleは過去18ヶ月の間、平均して月間3億 XRPを放出しました。
[br num=”1″] Ripple社のビジョンは今も昔も同じです。今日情報が動くようにお金が動く、価値のインターネットを実現することです。そのビジョンにおいてXRPは核となります。

ま~何というか小難しい書き方ですね。
[br num=”1″] ということで、あーこが日本語から日本語へ翻訳したいと思います(笑)
[br num=”1″]

リップル(XRP)のロックアップが完了した

[br num=”1″] リップル社は、2017年前半に、
[br num=”1″] 550億XRPを市場に開放すると発表しました。
[br num=”1″] 今回550億XRPのロックアップを完了したことによって、
[br num=”1″] リップルが市場に出回ることが容易に把握しやすくなります。
[br num=”1″] 今まで、リップル社は、リップルの流動性を高める目的で
[br num=”1″] リップルを保持していましたが、
[br num=”1″] このことで、投資家たちが「リップルの価格が高騰した時に、
[br num=”1″] リップル社がリップルを多く保持していることで
[br num=”1″] 価格操縦があるのではないか?」
[br num=”1″] という噂がありました。
[br num=”1″] しかし、今回のリップルのロックアップで、その懸念材料もなくなることになります。
[br num=”1″] リップルは国際送金の今までの問題を払拭できる役割があります。
[br num=”1″] ビットコインやイーサリアムと比較しても、
[br num=”1″] 送金にかかる時間はわずか数秒でなおかつごくわずかな手数料で済みます。
[br num=”1″] すでに政府・世界の金融機関・グローバル企業と連携しています。
[br num=”1″] ・・・と、ざっくり翻訳してみました。
[br num=”1″] ある程度リップル社がやろうとしているビジョンは伝わりましたでしょうか?
[br num=”1″] この、リップル社の公式発表だと少しわかりにくいのですが、
[br num=”1″] リップルがこれから高騰していく仕組み・リップルの本当の役割は
[br num=”1″] 以下の記事で詳しくまとめています。
↓  ↓  ↓
⇒リップルの今後の価格と将来性まとめ
[br num=”1″]

リップルチャートで見る今後の将来性!

[br num=”1″] まずは最近のリップルのチャートを一緒に見てみましょう!
[br num=”1″] ①アメックス社との提携23円⇒32円に高騰

[br num=”1″] https://twitter.com/BK_Black_white/status/931154470989205504
[br num=”1″] 2017/11/16、リップルが大手カード会社であるアメックスと提携を結びました。
[br num=”1″] アメックスは送金の際に従来のSWIFT制度を利用するしかなく、
[br num=”1″] 不便さを強いられてきましたが、リップルを使うことにより、
[br num=”1″] 瞬時にそしてわずかな手数料で送金を完了させることを目的にリップルと提携したのです。
[br num=”1″] そしてこの発表を受けて、リップルは23円から32円までに高騰しました。
[br num=”1″] ②今回のロックアップ

[br num=”1″] 今回のリップルのロックアップ発表を受けて、
[br num=”1″] 12/8には、24円⇒31円まで一気に高騰。
[br num=”1″] このように、リップルの価格が高騰しています。
[br num=”1″] また、最近では一気に60円台まで高騰しましたね。
[br num=”1″]
[br num=”1″] しかし、リップルの値はまだまだこんなものではないと
[br num=”1″] 個人的に予測しています。
[br num=”1″] むしろリップルが数十円台のうちは底値ではないでしょうか。
[br num=”1″] というのも、これから2018年以降本格的に
[br num=”1″] リップルが世界中の銀行で送金として使われる予定です。
[br num=”1″] 送金が実装となると、金の流通量が倍増しますから、
[br num=”1″] これからがリップルの本番となると思います。
[br num=”1″] 今後のリップルの価格には注目していきたいですね。
[br num=”1″][br num=”1″]
今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です