モナーコインは今後も高騰するのか?!

モナーコインは今後も高騰するんでしょうか?


特に2018年もモナーコインは高騰するのか?


が気になる所だと思います。


すでに仮想通貨である程度稼いでいるあーこが


モナーコインの今後を徹底予測します!

モナーコインは今後も高騰するのか?!

モナーコインの今までの価格推移

まず、モナーコインの情報ですが、


【モナーコイン】
正式名称:モナコイン
共通単位:MONA
総発行枚数:1億512万枚(参考ビットコイン2100万枚)
ブロック生成間隔:90秒毎(ビットコイン約10分)
特徴:Tweetするだけでモナーコインを送ることができる
Segwitをはじめて実装した


そして、今までのモナーコインの価格推移ですが、


イベント事に高騰し、値を上げていっています。

第一波の高騰






記念すべきモナーコインの急騰一回目。


それは2017/10/13~14日にかけて起こりました。


これは私も強烈に覚えています。


この時のモナーコイン急騰の要因は


国内大手の取引所「ビットフライヤー」でモナーコインの取り扱いが


決まったことが要因だと考えられています。


モナーコインは日本発の仮想通貨ですし、


そんなモナーコインが国内大手のビットフライヤーに上場すれば


それはやはり高騰の要因になってきますね。


ちなみにモナーコインを実際に購入するのは、


ビットフライヤーでは手数料が高いためおすすめできません。


これは後述します。

第二波の高騰






次の高騰は早めにやってきました。


2017年11月末、


一気に1モナ897円を記録しました。


この高騰の要因ですが、


yahooニュースにモナーコインが取り上げあられたことが考えられます。


たかがyahooニュースに取り上げられたくらいで…


なんて思われるかもしれませんが、


yahooを見ている日本人の数といったら膨大な量です。


そしてそのうちの大勢が取引所に登録して取り引きをし出すのが


一週間後~10日後、ということで11月末に高騰した可能性が高いですね。


では今後もモナーコインは値を上げていくんでしょうか?

半減期後希少性が高まる

仮想通貨は半減期後、希少性が高まる傾向にあります。


半減期とは、マイニングによってもらえる報酬額も半減していくので、


その仮想通貨自体の価値が高まります。


ビットコインも同じ傾向にあります。


モナーコインにも発行上限数がありますから、


半減期が存在します。


モナーコインの発行上限数は1億512万枚。


半減期は1,051,200毎に半減し、


期間でいうと3年ごとになります。


次回の半減期は2020年頃。


この時期のモナーコインの値が今から楽しみですね。

segwitを初めて成功させた仮想通貨である

segwitとは、ブロックサイズを圧縮させて、


スケーラビリティ問題を解決できることを言います。


スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の取引量が多くなると、


仮想通貨のやり取り自体に問題が生じてしまうことをいいます。


このsegwitを成功させるには、


高い技術力が必要です。


例えばですが、ライトコインはビットコインの実用化版の仮想通貨で


取引き高も非常に多い仮想通貨です。


ライトコインも世界中の人々にとても支持されている仮想通貨なんですが、


segwitの成功までに時間がかかっていました。


しかし、モナーコインはsegwitの難しさをものともせず、


世界初のsegwitを成功させたのです。


これは世界中の人々にモナーコインの技術力の高さを


アピールできました。


事実、モナーコインの取引高は仮想通貨全体のランキングで30位まで付けています。




モナーコインが値を上げていくと思う理由

仮想通貨としての機能が高機能である

モナーコインってキャラクターの設定や


コインの絵柄を見るとちょっとふざけたようなイメージもあるんですが、


仮想通貨としての機能は他のアルトコインと比較しても、


劣るどころか高機能な仮想通貨なんです。


モナーコインはブロック生成時間が約90秒。


仮想通貨の代表格であるビットコインはブロック生成時間が約10分とかなり遅いです。


そして仮想通貨ではじめてsegwitに成功している。


これだけでもう十分仮想通貨としては技術力が高いことで世界から注目されるアルトコインなのです。

海外の取引所に採用される可能性が高い

モナーコインを取り扱っているのが、


・ビットフライヤー
・zaif
・UPbit(韓国)
・EXX.COM(中国)


です。


2017年12月のモナーコインの取引高は世界で第27位。


一年前は上位100位以内にさえ入っていませんでした。


しかし、ここへきて27位まで急上昇すると、世界中の投資家たちが注目しはじめます。


また、poloniexやbinanceなどの世界の取引所にモナーコインが上場すれば、


モナーコインの価格は一気に高騰していきます。


1モナ600円~800円台なんてモナーコインの機能から考えると


もっと価格は上がっていくだろうと思いますね。


今の値はまだまだ底値の部類に入ると思います。

乱高下しながら値が上がっていく



2017/12/06時点で1モナ1800円超を記録しましたね。





先月は1モナ700円台だったので一気に高騰しています。


ビットコインも同じなんですが、


一気に高騰してまた値が下がる時があります。


これは一度少しでも値が下がりはじめると、


個人投資家たちが「損をしたくない」という意識になり、


一斉に利益確定し出します。


すると大量の売りがはじまるのでその仮想通貨の価格が一気に下がる時があります。


この、一気に値崩れした時が


購入の絶好のタイミング


です。


100%絶対的に、とも言えないのですが、


ほぼ仮想通貨はいったん値を下げた後にまた値を戻し、その後高騰していきます。


ですので、モナーコインが気になる方は、


これから値を下げたタイミングを狙って少額投資で様子を見るといいですね。

モナーコインの購入はzaif一択

モナーコインはまだまだ値は安い段階ですが、


取引所の選択を誤ると「大損」します。


現在モナーコインを取り扱う取引所は、


・ビットフライヤー
・zaif


です。


モナーコインを一番安値で購入するなら


zaifをおすすめします。


ビットフライヤーの手数料がとても高いからです。


ビットフライヤーとzaifの比較をしてみましょう。


【ビットフライヤー】





2017/12/06の17時現在、ビットフライヤーは1モナ2470円。


一方zaifはというと?


【zaif】





取引所が違うだけでこんなに差額があります。


モナーコインを5万円分購入したとすると、


その時のレートにもよりますが、実に三千円~四千円も変わります。


これはzaifが取引所で、ビットフライヤーは販売所なので、


取引所のほうが手数料が格安に設定されているからです。


お得にモナーコインを購入し、


手数料で大幅に損したくないならzaif一択になりますね。


zaifの無料登録は以下より数分で可能です。
↓  ↓  ↓



今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ