ライトコイン(Litecoin)とは?今後の将来性や購入できる取引所

何かと話題になっているビットコインに隠れがちなのがライトコイン。
[br num=”1″] ビットコインは知っていてもライトコインは知らない方が多いのではないでしょうか?
[br num=”1″] 今回は、仮想通貨のアルトコインである
[br num=”1″] ライトコインの今後の将来性や、購入できる取引所まで、
[br num=”1″] 徹底的に解説したいと思います。

ライトコインとは?今後の将来性など

ライトコインとは?

[br num=”1″] ライトコインとは、ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」に
[br num=”1″] よく例えられます。
[br num=”1″] ビットコインの機能はそのままで、
[br num=”1″] ビットコインの欠点を補って公開されたのが
[br num=”1″] ライトコインです。
[br num=”1″] では、ライトコインにはどんな特徴があって、
[br num=”1″] ビットコインよりどんな所が優れているんでしょうか?
[br num=”1″]

マイニングがかんたん

[br num=”1″] 特にビットコインに顕著な特徴なんですが、
[br num=”1″] ビットコインはマイニングにより、堅牢なシステムを保っています。
[br num=”1″] マイニングすることで、採掘者はビットコインをもらえますし、
[br num=”1″] マイニングが完了することでビットコインのブロックチェーンの整合性が保たれます。
[br num=”1″] マイニングについてもっと詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。
[br num=”1″] ⇒ビットコインのマイニングって何?
[br num=”1″] 現在では、ビットコインのマイニングは
[br num=”1″] 個人のPCではとても処理できません。
[br num=”1″] 企業が組織だってビットコインのマイニングを行っているのが一般的です。
[br num=”1″] 特に中国ではビットコインのマイニングが盛んに行われており、
[br num=”1″] ビットコインのマイニングを中国が7割~8割行っていると言われています。
[br num=”1″] するとどんなことが起きるのか?
[br num=”1″] なんですが、ビットコインが中央集権化しやすい。
[br num=”1″] という現象が起こっています。
[br num=”1″] ビットコインは数回に渡って分裂を繰り返しているんですが、
[br num=”1″] これはマイニング者の意見の対立であり、
[br num=”1″] ビットコインのマイニング量が多い組織というのは、富が集中しやすく、
[br num=”1″] 権限も強くなります。
[br num=”1″] ビットコインはそもそも非中央集権化で、みんなの通貨であることが最大の特徴です。
[br num=”1″] しかし、現状では、中国のマイニング事業者に権限が集まっているという現状があります。
[br num=”1″] これはビットコインの本来の主旨から外れていってしまっています。
[br num=”1″] そこでライトコインはその欠点を補おうと、
[br num=”1″] あえてライトコインのマイニング方法を容易にし、
[br num=”1″] 中央集権化しにくい構造を実現しています。
[br num=”1″] ただ、注意してほしいのが、
[br num=”1″] ライトコインのマイニングは今は個人レベルでもできるけれど、
[br num=”1″] 将来的には企業が参入してくる可能性が高く、
[br num=”1″] ライトコインのマイニングで個人が長期的に稼ぎ続けるのは
[br num=”1″] 年々難しくなっていくだろう、ということです。
[br num=”1″]

処理速度がビットコインより早い

[br num=”1″] ビットコインの処理スピードは約10分となります。
[br num=”1″] ライトコインは、マイニングを容易にあえてしていることと関係がありますが、
[br num=”1″] 処理スピードが約2.5分と速くなっています。
[br num=”1″] これは、今後ライトコインが買い物などの決済で使われるようになれば、
[br num=”1″] 支払い決済通貨としてはビットコインの10分より待たせられることが少なくなるワケですから、
[br num=”1″] ライトコインのメリットになりますね。
[br num=”1″]

開発者を明確にしている

[br num=”1″] ビットコインの開発者はサトシ・ナカモト氏、ということになっていますが、
[br num=”1″] このサトシ・ナカモト氏が実在する人物なのか、正体不明のままです。
[br num=”1″] 一方ライトコインは開発者が明確です。
[br num=”1″] チャーリー・リー氏という中国人が開発者です。
[br num=”1″] 中国人が作った仮想通貨だからか?
[br num=”1″] ライトコインの取引高の7割~8割は中国人となっています。
[br num=”1″]

今後の将来性は?

[br num=”1″] さて、気になる今後のライトコインの将来性ですが、
[br num=”1″] 意見がわかれる所ですね・・・
[br num=”1″] 過去のライトコインの価格推移ですが、[br num=”1″]
[br num=”1″] しばらく値が低迷した後、一気に価格が高騰しています。
[br num=”1″] この値動きは主要な仮想通貨はどれも同様の動きをしており、
[br num=”1″] 今後ライトコインが高騰するか?が気になる所だと思います。[br num=”1″] その判断基準としては、
[br num=”1″] ライトコインが「今後進化していくかどうか」
[br num=”1″] にかかっていると思います。
[br num=”1″] ライトコインは2017年5月にSegwitを実装しました。
[br num=”1″] Segwitとは仮想通貨のアップデートのことを言います。
[br num=”1″] 今回のSegwitでは、処理スピードをさらに速くするアップデートが行われて
[br num=”1″] ライトコインの値はさらに上昇しました。
[br num=”1″] 今後ライトコインは高騰するかどうか?
[br num=”1″] は、ライトコインの最新情報や動向を常にチェックするといいですね。
[br num=”1″]

ライトコインはどこで購入できるの?

[br num=”1″] 個人的には、ライトコインは「読みにくい」仮想通貨だと思っています(苦笑)。
[br num=”1″] しかし、2017年にはその価値を10倍以上にしたように、
[br num=”1″] 今後のSegwit次第で十分値を上げる可能性もあるのも事実です。
[br num=”1″] 私は現在、ライトコイン投資は様子見ですが、
[br num=”1″] 気になる方は少額投資からライトコインを購入するのも良い方法ですね。
[br num=”1″] ライトコインについては、
[br num=”1″] 国内最大手である「コインチェック」で購入できます。
[br num=”1″]
[br num=”1″] コインチェックの使い方については、
[br num=”1″] 以下の記事で詳しく解説しています。
↓  ↓  ↓
⇒コインチェックの使いかたこちら
[br num=”1″][br num=”1″]
今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です