仮想通貨用語集(ビットコイン)|情報収集はこちらで!

あ行

アルトコイン・・・ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言う。アルトコインには200種類以上もあるといわれ、詐欺にも注意

ICO・・・仮想通貨を利用した資金調達の方法をいう。中には資金だけ集めて公開するつもりのないICOトークンもある。ホワイトペーパーを確認すると良い

イーサリアム(ETH)・・・アルトコインのうちの一つ。仮想通貨時価総額の第三位に位置するとても有名なアルトコイン。スマートコントラクトを使い、通貨だけでなくさまざまな「契約」がイーサリアムによって可能。イーサリアムのチャートを長期目線で見る

イーサリアムクラシック・・・イーサリアムからハードフォーク(分岐)したアルトコイン。イーサリアムのDAO事件でイーサリアムの一部がハッキングされたことを受けてイーサリアムクラシックに分岐した。

イーサリアムの今後はどうなる?

いなご・・・投資分野で短期取引を行ういなご。いなごにもいろんな意味がありますが、とある仮想通貨が高騰し、「すごそう」という感情だけで短期売買に参入し、結局損してしまう層をいなごと呼ぶ

ウェブウォレット・・・主に取引所内に設置された仮想通貨を預けておく所。ウェブウォレットはある程度のセキュリティ対策はされているものの、ハードウォレットほどセキュリティ対策が万全でないため、ハッカーに狙われる可能性はゼロではない。

億り人・・・仮想通貨によって資産を億にした人を俗に億り人と言う。仮想通貨はボラリティが高いため、先行投資した人は、億り人になっている人も数多くいる。

オ―ガ―(REP)・・・アルトコインのうちの一つ。公平な賭け事を目的とした仮想通貨。今までの賭け事には胴元が存在していたが、オ―ガ―により中央集権化しない公平な賭け事が楽しめるようになる。オ―ガ―仮想通貨とは?

か行

確定申告・・・年間の収入が20万円以上あれば、税務署に確定申告し、納税する義務がある。仮想通貨については、利益を確定し円にしたり、アルトコインからアルトコインに変換した場合も利益に換算する必要がある。

仮想通貨交換業者・・・2017年に施行された法律。仮想通貨を取り扱う主に取引所は仮想通貨交換業者の認定を受けた所が正式な取引所と考えていい。

カタパルト・・・アルトコインのネム(XEM)が控えるアップデートをカタパルトという。カタパルトは、ブロックチェーンのmijinを使い、パブリックでもプライベートでも秒速取り引きが可能となる。ネムのカタパルトとは?2018年予測

ガラ・・・投資用語で、ナイアガラに例えて、相場が急落することを言う

クリプトカレンシーマーケット・・・仮想通貨が世界でどれだけ取り引きされているかをランキングにしているサイト。クリプトカレンシーマーケット上位の仮想通貨であれば詐欺に遭う可能性が低くなるので、一つの指標となる。

クローバーコイン・・・日本発のアルトコイン。集客の主はセミナー。ホワイトペーパーを公開していないらしい。断定はできないが、被害者の声も多数あり。

コインチェック・・・日本の仮想通貨取引所では最も有名な取引所。コインチェックが扱うアルトコインはすでにすべて10倍以上の高騰を見せている。仮想通貨初心者はコインチェックでの投資をまずはおすすめしたい。100万円までの盗難補償もあり。

Coin Geko・・・仮想通貨のチャートや取引高を網羅するサイト。仮想通貨の情報収集に便利。日本語対応している。

コイン積立・・・zaifが実施している仮想通貨の積立て。毎月自分で決めた額を仮想通貨に投資できる。ドルコスト平均法を採用。安値の時にはより多く購入し、高値の時は多くの買いを控える方法でお得に積立てができる。

コールドウォレット・・・インターネットとは完全に切り離した状態で仮想通貨を保管できる方法。コールドウォレットには秘密鍵を紙に記載して保管する方法と金属やコインなどの専用デバイスに保管する方法とがある。

コムサトークン・・・コムサトークンでプライベートチェーンとパブリックチェーンどちらもつなげることができる。zaifを運営しているテックビューロ社が手がけるトークン。mijinのブロックチェーンを使用。

コムサトークンでICOトークンとユーザーをつなぐこともできる。

さ行

zaif・・・テックビューロ社が運営する国内取引所。指値注文ができたり、取引板で仮想通貨売買が可能なのでスプレッドが格安で済む。zaifのコイン積立ても便利。

指値注文・・・自分の指定した金額で仮想通貨を売ったり買ったりできる注文方法。指定したレートで注文するので、売り手・買い手の条件が合わなければ売買が成立しないこともある。

GMOコイン・・・仮想通貨取引所(販売所)。販売所なので高騰した仮想通貨が買い規制が入ることもある。スプレッドキャンペーン時に使うとかなり手数料がお得になる。

zcash(ZEC)・・・匿名性の暗号通貨で、JPモルガンの提携で値が高騰した。

スマートコントラクト

SWIFT・・・既存の海外送金に使われる際の送金方法。間に国際銀行が入り、法定通貨の送金の際手数料や日数が多くかかる。アナログ的システムをビットコインがかえたといっても過言ではない

住信SBIネット銀行・・・日本の主要な取引所のほとんどの振込先口座が住信SBIネット銀行である。365日24時間振込みが可能なことと、取引所の振込先とこちらの口座があれば同行間になるので振込み手数料が無料になる。

segwit・・・

た行

ダッシュ(DASH)

取引所・・・仮想通貨を購入したり、売ったりする所。取引所各社により取り扱う仮想通貨の種類が違う

トランザクション

トロン(TRX)

 

な行

成行注文

二段階認証・・・二段階認証は多くの取引所がユーザーの個人情報を守るために設定しているセキュリティサービス。二段階認証を行うとよりセキュリティが強化されるので、ハッカーから資産を守るためにも、必ず設定しておきたい。

ネムコイン(XEM)・・・

は行

バージコイン(XVG)

ハードフォーク

ハードウォレット

ビットコイン・・・仮想通貨の生みの親といっていいビットコイン。ブロックチェーンとP2Pシステムが少額決済を飛躍的に便利にする。取引高も仮想通貨で堂々の一位

ビットコインキャッシュ

ビットフライヤー

ペペキャッシュ

ファンダメンタルズ

ブロックチェーン

フュージョンコイン

ま行
マイニング

マイナー

ムーン

モナーコイン(MONA)・・・日本発の仮想通貨。2ちゃんねるから発祥のアルトコイン。SegWitを仮想通貨ではじめて成功させたことで、技術力も高いことを証明した。国内取引所ではzaifとビットフライヤーで取り扱いがある。

 

や行

ら行
ライトコイン(LTC)

リスク(LSK)

リップル(XRP)・・・アルトコインのうちの一つ。リップルの特徴は、仮想通貨と法定通貨を結ぶ。世界銀行もリップル採用の情報が入っている。2018年には三菱東京UFJ銀行がXRPを使った送金を行うと発表。

大手企業との提携の噂もある。2017年12月~2018年1月にかけて高騰している。

リップルは将来いくらになる?

リップル社

ロックアップ

わ行

 

 

※随時更新していきます。

 

 

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です