仮想通貨のこれから、将来性など

最近急にメディアでも騒がれている「仮想通貨」。


仮想通貨と聞いてもまだ実際に使っていないし、


なんか詐欺みたいで怖い・・・


という方も中にはいるかもしれません。


では、仮想通貨はこれから私たちの生活でも普及するのでしょうか?


仮想通貨のこれから・将来性は?

仮想通貨のこれから・将来性はある?

私たちの生活と企業

日々平和に暮らしていると、世界の全体的な変化には気づきにくいものですね?


いつの間にか便利なモノが発売され、流行し、


いつの間にか当たり前に自分も便利なモノを使っていた、


という経験はあなたにもあるはず。


ではその便利なモノはどこから?というと


いつでも企業が開発し、世に向けて販売していると思います。


つまり、企業が「便利」を生み出し、世間をリードしていると思います。


企業は営利組織ですから、これから儲かるモノ、人々に受け入れられそうなモノでないと


企業自体はその分野に参入しません。


では仮想通貨は?というと続々と日本の大企業も、仮想通貨に参入してきています。


その勢いはもはや止められません…

トヨタ・三菱東京UFJのイーサリアム参入




2017年5月。


トヨタと三菱東京UFJが仮想通貨の一つであるイーサリアムに参入することを決定。


イーサリアムとは、ビットコインのように仮想通貨のやり取りだけでなく、


仮想通貨だけで契約できるという優れたシステム。


今まで顧客は煩雑な手続きを強いられてきましたが、イーサリアムの契約で、


その複雑な手続きや手数料を大幅にカットできるためイーサリアムは注目されています。

メルセデスベンツ・フォルクスワーゲン

メルセデスベンツやフォルクスワーゲンも、仮想通貨事業にすでに参加済みです。


メルセデスベンツについては「メルセデス・ペイ」という独自の仮想通貨を公開する予定でいます。


また、ビットコインでベンツを買えるだけでなく、


車の契約もスピーディーにそして便利に、手数料は安く。


駐車場の契約やカーシェア事業についても仮想通貨で一括管理し、


顧客サービス向上の開発を進めています。

三菱東京UFJの独自仮想通貨

三菱東京UFJ銀行は来春2018年には、独自の仮想通貨「MUFGコイン」


公開予定です。


MUFGコインの利用により、銀行の手数料カットなど、顧客の利便性を高め、


他銀行との差別化を進めています。

みずほ銀行ゆうちょ銀行の独自通貨

みずほ銀行、ゆうちょ銀行、他70行で


「Jコイン」という独自の仮想通貨を開発予定でいます。


東京オリンピックまでには公開したい意向でいるそうです。


Jコインを使ってキャッシュレス化、外国人観光客対応などを目指すのでしょうね。

H.I.Sガストも取り扱い

旅行会社大手のH.I.Sは、旅行代金をビットコイン決済でできるようになりました。


まだ一部店舗での取り扱いですが、これから順次拡大予定。


ファミリーレストランのガストについても来年2018年にはビットコインで食事代を決済できる


システムを導入する予定でいます。

仮想通貨は金融大革命?

私としても、ここまで仮想通貨が急速にひろまっていることは


つい最近まで知りませんでした。


しかし、いつの時代でも人々に浸透するのは、


・便利
・安い


です。仮想通貨は決済についてはこの便利、手数料が安い、


を叶えてくれます。


もうすぐ、昔って紙のお金使ってたんだって!と話している日も近いかもしれません^^

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ