仮想通貨元年2017年と言われる理由って?

仮想通貨元年って聞いたことはありますか?


最近ではテレビのニュースや新聞でも


ビットコインの情報がでてきてるので、


ご存じの方も多いかもしれません^^


ではどうして2017年が「仮想通貨元年と言われるの?」その理由について


ご説明したいと思います。

2017年が仮想通貨元年と言われる理由とは?

法律で準通貨として認められた

何といっても、


「仮想通貨元年」と言われる所以は、


日本の法律でも、仮想通貨が準通貨として認められたことではないでしょうか。





2017年に仮想通貨の法律が決まりました。


・仮想通貨での売買について非課税扱いになること


・仮想通貨が今まで物扱いだったのが、支払い決済手段として正式に認められた


こういった内容です。


これは、今まで、ビットコインが詐欺だという認識を


大きく変えたのではないでしょうか。


そしてこの法律が口火を切ったのか
(もっと前から動いているでしょうけど)



日本の企業も続々と仮想通貨に参入してきています。

企業の参入がすさまじい

まず、記憶に新しいのが、トヨタのイーサリアムへの参入ですね↓ ↓





ちなみにメガバンクの三菱東京UFJ銀行は


来年の2018年には独自の仮想通貨「MUFGコイン」をリリース予定でいます。↓ ↓




ビックカメラは結構前から


ビットコインで家電を購入できるようにしていますね↓ ↓





ほかにも数え上げたらきりがないくらい、


すでに企業が仮想通貨へと参入しています。


どうして企業が仮想通貨へ続々と参入しているんでしょうか?


それは、


・大幅なコストカット


これが一番の要因ではないのかな、と思います。


仮想通貨の一番のメリットは、


「ユーザー間で通貨のやりとりができること」


です。


今までは決済というのは銀行やクレジットカード会社を通す必要性があったのですが、


これを取っ払ってしまえる通貨なんですね。


銀行やクレジットカード会社を通さないとどうなるか?


ですが、


企業側から見ると膨大な手数料がカットできるワケです。


具体例でいいますと、


ネット販売で年商10億円の会社があったとします。


するとクレジットカード手数料というのは会社側の負担が5%になります。


ようは年商10億円の会社であれば


手数料だけでも5000万円は大幅なコスト削減になる。


これなら企業だって参入したくなります。


そして、もう一つの大きな要因としては、


仮想通貨のテクノロジーがすんごいからですね!


仮想通貨の優れたテクノロジーをブロックチェーンシステムといいますが、


ちょっと小難しいのでここでは割愛します。


⇒仮想通貨のテクノロジー何がすごいの?詳細はこちら

仮想通貨投資はこれからまだまだ伸びる?!

仮想通貨はまだ世に送り出されたばかり。


これからも投資の視点で見てもまだまだ伸びる可能性が高いです。


しかし、残念なことに、


儲かる業界というのは今も昔も詐欺が横行するのが


現実です。





これは国民生活センターの、


仮想通貨の被害報告件数を表すグラフです。


ここ数年で仮想通貨の詐欺被害だけでも


3倍にも相談件数が増えているんですね・・・


どうしてこんなに詐欺被害が増えているのかというと、


それは


仮想通貨の知識がないから


こう考えていいと思います。


詐欺師というのは、言葉巧みにあなたを騙そうとします。


・この仮想通貨は絶対もうかる


・今買わないと100%損する


などなど。


あの手この手であなたを惑わします。


しかし、こうも言えます。


仮想通貨のある程度の知識を付ければ騙されない


ということです。


これからも伸びていくであろう、仮想通貨。


ぜひ仮想通貨を少し詳しく知っていただき、


稼いでいけるといいですね^^

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ