クレジットカードでビットコインは購入できる?

今話題になっているビットコイン。


クレジットカードでビットコインは購入できるんでしょうか?


また、クレジットカードでビットコインを購入する


メリット・デメリットをまとめました。

クレジットカードでビットコインは購入できる?

クレジットカードでビットコインを購入するメリット

クレジットカードでビットコインを購入するメリットもあります。


ビットコインをはじめとする仮想通貨は値動きがかなり激しいです。


例えば一時間のうちに10%の値の上下変動が起こることも普通です。


基本的にビットコインを購入する際は、


あらかじめ銀行口座に円を入金しておき、


ビットコインを購入します。


しかし、お使いの銀行にもよりますが、


ビットコインを購入する取引所に銀行から入金しても、


入金データがすぐに反映されないこともあります。


午後3時以降ですと、翌日扱いになったりと、


各銀行によって振込み完了のスピードはまちまちです。


すると、購入しようと思っていたビットコイン価格が、


購入完了時は自分の思っていた価格でないことは多々あるということがあるんですね。


その点クレジットカードで購入すれば、


即座にビットコインを購入できます。


買いたい購入価格でビットコインを手に入れられるのが、


クレジットカードを使う最大のメリットかと思います。

クレジットカードでビットコインを購入するデメリットは?

クレジットカードでビットコインを購入するデメリットもあります。


それは手数料が高い


です。


現在ビットコインをクレジットカードで購入できる取引所は3社。


・ビットフライヤー
・コインチェック
・zaif


になります。


これら取引所3社のビットコインをクレジットカードで購入した時の


手数料は以下の通りです。

・ビットフライヤー・・・約11%


・コインチェック・・・約8%


・zaif・・・約7%



購入手数料としてはかなり高いですね。。


仮想通貨投資では、日本円入金で10%の価格上昇で利益が得られる計算なのに対し、


クレジットカードでは20%以上の価格上昇でなければ利益を得られないことになります。


これでは投資としてのメリットが受けにくい状況になってしまいますね。


また、ビットコインをはじめとする仮想通貨の特徴を考えると、


購入手数料が割高になるのは、ちょっとナンセンスなんですよね…





ビットコインを購入する際は基本的に取引所を使います。


すると、取引所では少しではありますが、手数料をあなたからもらい、


会社として利益を得ています。


そして、クレジットカード会社も、ビットコインを購入する時は、


手数料をあなたから取ることにより、クレジットカード会社として利益を得ています。


すると、あなたは二重で購入手数料を取られている、ということなんですね。





ビットコインの長所のうちの一つとして、


ユーザー間のみで通貨のやり取りができる、があります。


つまり、仮想通貨同士であればごくわずかな金額で送受金ができます。


それなのに、購入手数料がたくさん取られてしまうというのは、


ちょっと納得いかないですね…

銀行入金の手数料を0円にしてしまう方法



今回はクレジットカードでビットコインを購入する時の


メリットデメリットを中心にお話ししました。


やはり、仮想通貨の特徴とクレジットカードの手数料の高さから、


個人的には銀行入金でビットコインを購入することをおすすめしたいですね。


銀行入金であっても、各行により手数料はバラバラですが数百円は最低でもかかります。


しかし、取引所の振込み口座である


「住信SBIネット銀行口座」であれば、無料で日本円を取引所に入金することができますし、


24時間振込み可能なので、


ビットコイン投資を検討されている方は、


ぜひ住信SBIネット銀行の口座を利用されることをおすすめします。


⇒住信SBIネット銀行無料口座開設こちら!


今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ