ビットコイン投資で失敗する人の特徴とは?

ビットコイン投資では、


投資初心者が気をつけるべきいくつかのポイントがあります。


欲を出し過ぎると(笑)、あなたの資産が大幅に減ることもあります。


では、投資初心者はどのようなことに注意したらいいのでしょうか?

ビットコイン投資初心者で失敗する人の特徴

仮想通貨の基礎的知識は抑える

ビットコインをはじめとする


仮想通貨は、今では2000種類以上あると言われています。


そして、それぞれのコインには仮想通貨としての役割り、将来性、ホワイトペーパーなどが


存在します。


投資初心者の方は、まずは少額投資からおすすめしますが、


少額の投資であっても、投資先の仮想通貨の知識をつけることはとても重要だと考えます。


例えばビットコインであれば「ブロックチェーン」が


金融革命を起こすとまで言われている革新的な技術です。


⇒ブロックチェーンテクノロジーとは?


そしてこのブロックチェーンは通貨というお金に限らず、


さまざまな業種に応用の効く技術であり、


ブロックチェーン技術そのものが世界から称賛されています。


このように、どうしてその仮想通貨が注目されているのか?


将来的にどのように利用され普及されていこうとしているのか?


最低限の知識を身につけて自分で納得した上で投資することをおすすめします。

短期売買には手を出さない

ビットコインは世界経済全体の市場規模からみると


まだまだマーケットは小さいです。


市場規模が小さいと、価格の乱高下が激しいという特徴があります。


FXや株でのトレードに慣れているならまだしも、


値動きの激しいビットコインで短期売買はリスクが高いのでおすすめできません。


例としてどんな時にビットコインの値動きが激しくなるか?


というと、


⇒JPモルガンCEOのビットコイン詐欺発言で急落?


とか、


後はビットコインが分裂(ハードフォーク)した時も


大暴落を起こしました。


結局しばらくするとビットコインの値は元に戻すのですが、


こういった急落を100%見極めるのは至難の業です。


そのため、投資初心者はビットコイン投資するなら


中長期での運用をおすすめします。

詐欺通貨と本物を見分ける力

先ほども言いましたが、


現在公開されている仮想通貨は2000種類以上あります。


その中にはもともと仮想通貨として世にひろめるつもりさえない


詐欺通貨が多くあります。


これはICOコインといって未公開の状態で資金をたくさん集めて、


その資金集め目的の詐欺コインが多発しています。


ようは、仮想通貨としての役割も何も、仮想通貨として機能させるつもりのないコインを公開しているということです。


2017年は仮想通貨元年と言われ、


ビットコインの話題もテレビや新聞でもよく取り上げられるようになりました。


認知度が高くなるにつれ、


詐欺通貨に大金を投資してしまう被害が後を絶ちません。


これは、仮想通貨のホワイトペーパーさえチェックしない、


仮想通貨としての役割りや技術を知ろうとしない、


こういった投資する側の知識不足で詐欺通貨に投資してしまう、


このような原因が大きいです。


特にセミナーや人に勧められて騙されてしまった、


というパターンが多いですね。


自分で理解して納得した上で仮想通貨を購入していない、ということです。


ビットコイン投資で失敗しないためには


・少額投資で長期運用にする
・大手取引所の仮想通貨に投資し、詐欺通貨に騙されない


この二つのポイントを抑えてほしいと思います。


今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ