ビットコインで買い物できる?これからの将来性。

ビットコインで買い物はできるんでしょうか?
[br num=”1″] ビットコインでショッピングができるようになれば、
[br num=”1″] 例えば海外旅行にいっても、
[br num=”1″] 両替所で手数料を取られたり、
[br num=”1″] 時間を作って両替したり、という手間はなくなりますね?
[br num=”1″] ビットコインは世界中で使えるのが魅力。
[br num=”1″] では買い物ができるのかどうか?
[br num=”1″] これから使えるお店は増えるのか?
[br num=”1″] 見ていきましょう。

ビットコインで買い物はできる?将来どうなる?

ビットコインでお買い物できる海外の状況

[br num=”1″] 日本は仮想通貨は、世界に対して2年ほど遅れていると言われています^^;
[br num=”1″] では、海外でどのぐらいビットコインでお買い物できるんでしょうか?
[br num=”1″]

amazon

アメリカのアマゾンでは、すでに買い物で
[br num=”1″] ビットコインが使えます。
[br num=”1″] 日本のamzonは残念ながらまだ買い物はできません・・・
[br num=”1″]

DELL

コンピューターメーカのDELLデル社はすでにずいぶん前から
[br num=”1″] ビットコインでパソコンが買えることを決定してます。
[br num=”1″] DELLのCEOは以下のように述べています。
[br num=”1″] 「我々のゴールは常に顧客に対しての迅速な対応であり、今回の提携でそれは達成されることを確信している。この2週間でより、機敏で生まれ変わったDellをみなさんにお見せすることができる」
[br num=”1″] かなり柔軟ですね。

メキシコのセブンイレブン

メキシコ国内の全店のセブンイレブンで
[br num=”1″] ビットコインの利用が可能。
[br num=”1″] ビットコインが直接的な支払い手段ではないが、
[br num=”1″] モバイル向けの電子マネー決済サービス「Pademobile」を通して受け付けている。
[br num=”1″] メキシコでは、スマホの普及がとても盛んで、
[br num=”1″] メキシコは一人に一台の割合でスマホを保有していると言われている。
[br num=”1″] Pademobileはスマホさえあれば決済可能なので、
[br num=”1″] ビットコインが浸透している基盤はもう整っている。
[br num=”1″] ・・・セブンイレブンって日本の企業なのに。。
[br num=”1″] 海外が先行なんですね^^;
[br num=”1″]

アメリカの楽天

アメリカではもう数年前から楽天でビットコインで決済ができます。
[br num=”1″] でも日本の楽天は・・・
[br num=”1″] ただ、楽天の社長三木谷氏も仮想通貨にはよく言及しているようです。
[br num=”1″] ビットコインを日本の楽天でも検討しているようですし、
[br num=”1″] 楽天という会社が仮想通貨を発行することも検討しているようです。
[br num=”1″]

大学の授業料

お買い物ではないんですが、海外の大学ではすでに
[br num=”1″] 授業料をビットコインで支払うことができます。
[br num=”1″] ドイツでは、ベルリンにあるThe European School of Management and Technologyという大学で
[br num=”1″] 授業料をビットコインで支払うことができる。
[br num=”1″] キプロスの大学、ニコシア大学は2014年からビットコインで授業料を支払えます。
[br num=”1″]

日本のビットコイン取り扱い店は?

日本でビットコインが支払える有名なお店と言えば、
[br num=”1″] ビックカメラと丸井でしょうか。
[br num=”1″] ビックカメラ
[br num=”1″]
[br num=”1″] 丸井
[br num=”1″]
[br num=”1″] このように、大きな小売店でもちらほらビットコイン決済導入を
[br num=”1″] 決めていますね。
[br num=”1″] 2017年現在確認できるだけで日本国内では
[br num=”1″] ビットコインを使えるお店が約100店舗ほどあります。
[br num=”1″] 海外に比べるとまだまだ少ない状況ですが、
[br num=”1″] 今回さらにビットコインを利用出来るお店が一気に増えそうなニュースが
[br num=”1″] 舞い込んできました。
[br num=”1″] それが、「Air レジ」。
[br num=”1″] Air レジで全国で約26万店舗でビットコインでの決済ができるようになります。
[br num=”1″] これは、店舗のレジでビットコインを使うとはまた違うんですが、
[br num=”1″] スマホアプリにAir レジを入れ、
[br num=”1″] 商品を購入する時にバーコードをかざすと、
[br num=”1″] ビットコインでも支払いができるというもの。
[br num=”1″] 便利ですし、一気に26万店舗で決済できるようになれば、
[br num=”1″] 日本人にもビットコインの知名度が浸透しそうですね。

東京オリンピックまでにさらに普及する見込み

ただ、私の近所とかママ友の間でビットコインの話題が出てきたことはまだありません(笑)
[br num=”1″] つまりまだまだ一般庶民にとってはビットコインが支払い手段になる、
[br num=”1″] という認識にまではなっていないような気がします。
[br num=”1″] しかし、東京オリンピック開催までには
[br num=”1″] 日本でもビットコイン取り扱い店を一気に増やす方針でいます。
[br num=”1″] これはオリンピックでの邦日外国人旅行客のためと思われます。
[br num=”1″] では、ビットコインをたくさんの人が使えるようになるとどんなことが起こるのでしょうか?

通貨価値はみんなに求められると上がっていく

では、一般的に貨幣価値はどのように決められるのか見ていきましょう。
[br num=”1″]
[br num=”1″] 現代の主要国間では変動為替相場制という制度を採用しています。
[br num=”1″] 各国の通貨価値は、為替市場で交換レートが設定されていて、
[br num=”1″] 毎日レートは変動しています。
[br num=”1″] 1ドル=120円の場合は1ドルを120円で交換できます。
[br num=”1″] では、1ドル=120円というレートはどうして変動するのでしょうか?
[br num=”1″] 基本的な考えとしては、その国の経済力が大きく関わります。
[br num=”1″] 国力が高まっていくと必然的にその国の通貨は価値が高まっていきます。
[br num=”1″] 言い換えますと、世界各国の人々が「その国の貨幣が欲しい」と
[br num=”1″] 求めたら、限られたパイをより多くの人が外貨を使って購入するので
[br num=”1″] 交換あたりの単価は上がっていくのです。
[br num=”1″] これはビットコインをはじめとする仮想通貨も同じことがいえます。
[br num=”1″] 「ビットコインは次世代通貨だ」と火がつくと、急激にビットコインの値段が上がり、
[br num=”1″] 中国が取引規制をする、という報道があれば急落することもあります。
[br num=”1″] また、みんなが欲しがる、つまり多くのお店で使える=需要があると判断されることも
[br num=”1″] ありますし、東京オリンピックまでは急速にビットコインが使えるお店が急増しますから、
[br num=”1″] その分多くの人がビットコインを求めることが予想され、
[br num=”1″] まだまだビットコインの値が上がる可能性が高いのです。
[br num=”1″] この稼げるチャンスを知っているか知らないかだけでも
[br num=”1″] 儲かる機会になります。
[br num=”1″] 無理ない範囲で少額投資をしていけば、極端な損というのは
[br num=”1″] 考えにくい、というのが私の考えです。
[br num=”1″]

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です