ビットコインは儲かる?初心者が投資で注意したいこと。

ビットコインはこれから儲かるんでしょうか?
[br num=”1″] 私たちの最大の関心事ですね(笑)
[br num=”1″] お金は投資しなければ、労働ではなかなか増えていかない。
[br num=”1″] では、何を投資先にしたらいいいか?
[br num=”1″] それが、ビットコインになるんだと思います。
[br num=”1″] もう値が高騰しているからビットコイン投資は遅い?
[br num=”1″] いえいえ、市場を理解すると、必ずあなたもビットコイン投資をしたくなるはずです(笑)

ビットコインはこれからも儲かる?投資するべき

ビットコインのこれまでの価格推移


ビットコインが市場に出たのが
[br num=”1″] 2010年8月。その頃は1BTC=0.06円でした。
[br num=”1″] そして2017年10月。現在の価格は47万円ほどです。
[br num=”1″] つまり、78000倍値を上げたということです。
[br num=”1″] 78000倍・・・何だか夢物語りみたいですね・・・
[br num=”1″] では将来的にこれからもビットコインは値を上げるのか?
[br num=”1″] ですが、
[br num=”1″] 投資家のJremy Liew氏は
[br num=”1″] 「ビットコインは2030年までに1BTC50万ドルに達するだろう」
[br num=”1″] と予測していますし、
[br num=”1″] SaxoBankのアナリストは
[br num=”1″] 「ビットコインは2027年までに10万ドル相当にまでなるだろう」
[br num=”1″] と予測しています。
[br num=”1″] ではどうしてこんな予測があるのか?
[br num=”1″] ですが、仮想通貨自体がまだ「凌明記」と言えるからです。
[br num=”1″] ビットコインという仮想通貨市場だけを見るのではなく
[br num=”1″] 世界の経済市場全体を見るとよくわかります。
[br num=”1″]

ビットコインがこれから儲かると思われる理由とは?


[br num=”1″] ビットコインがこれから儲かるか?なんですが、
[br num=”1″] 視点を大きく持つことが重要なんだと思います。
[br num=”1″] 世界中では毎日お金が流通していて、
[br num=”1″] その中には法定通貨や株式市場、金などあらゆる商品があります。
[br num=”1″] その中のうちの一つがビットコインと考えた時、
[br num=”1″] その時価総額はたったの410億ドル。
[br num=”1″] これはビル・ゲイツ氏の資産860億ドルの半分に過ぎないのです。
[br num=”1″] 金の時価総額と比べたらビットコインはわずか0.7%に過ぎないし、
[br num=”1″] 株式市場と比べたらわずか0.1%以下に過ぎないのです。
[br num=”1″] そしてビットコインの市場規模が「これから」大きくなりそうな理由があるワケです。

ビットコインは個人投資家しかまだ参入していない

ビットコインの時価総額が410億ドルにとどまっているのは、
[br num=”1″] ビットコインがまだ個人投資家の間だけでやり取りされているからと考えていいと思います。
[br num=”1″] もっと大きな金額を動かすのは世界の投資機関です。
[br num=”1″] これはまだビットコインのETF化がきちんと整備されておらず、
[br num=”1″] 世界の投資機関がまだ参入できない現状を表します。
[br num=”1″] ビットコインのETF化とは、ビットコインの上場投資信託のことをいいますが、
[br num=”1″] 特にアメリカでは法整備が遅れているため、ビットコインの参入はまだまだ準備期間です。
[br num=”1″] しかし、数年前からビットコインのETF化は試みられています。
[br num=”1″] Facebookの本当の設立者(笑)、ウィンクルボス兄弟もビットコインのETF化を申請しましたが、
[br num=”1″] 当時は監視共有契約の欠如などで申請は却下されています。
[br num=”1″] 最近では、米国最大のオプション取引所であるシカゴ・オプション取引所が
[br num=”1″] ビットコインの先物オプションを2018年までに上場させると発表し、
[br num=”1″] 申請許可を待っています。
[br num=”1″] また、ニューヨークに本社を置く資産運用会社VanEckはナスダック市場に上場させるよう
[br num=”1″] 申請を行いました。
[br num=”1″] ごく最近ではゴールドマンサックスがビットコイン事業に参入することを検討している、
[br num=”1″] と表明しましたね。
[br num=”1″] このように、少し前までは個人投資家だけの参入だったものが、
[br num=”1″] これからは世界の投資機関がビットコイン市場に参入しようと試みています。
[br num=”1″] つまり、これは株式市場・金の市場・先物市場からビットコイン市場にわずかでも
[br num=”1″] 流入してくるまさに「黎明期」と言えると思います。
[br num=”1″] 一部の市場が流入してきても、今はまだビットコインの時価総額がたったの48億ドルであることから
[br num=”1″] さらにビットコイン価格が急騰する可能性を秘めていると言っていいですね。

じゃあ初心者はどうやってビットコイン投資する?!

注意していただきたいのが、
[br num=”1″] まだ小さい市場に投資する、ということは
[br num=”1″] 価格の乱高下が激しいことを意味します。
[br num=”1″] 例えば、つい先日JPモルガンのCEOが
[br num=”1″] 「ビットコインは詐欺」と発言しただけで、
[br num=”1″] ビットコインの価格は急激に下落しました。
[br num=”1″] その時のチャートが以下です。
[br num=”1″]
[br num=”1″] JPモルガンCEOの発言を受けて、
[br num=”1″] しばらく1BTC45万前後で安定していたビットコイン価格が
[br num=”1″] わずか1,2日で1BTC30万ほどまで急落してしまいました。
[br num=”1″] ※現在はまた1BTC47万前後まで値を戻して安定しています。
[br num=”1″] このように、ビットコインはまだまだ市場規模が小さいため、
[br num=”1″] ちょっとしたニュースや有名な人の発言だけで
[br num=”1″] 価格の乱高下を当分繰り返します。
[br num=”1″] しかし、一番最初のチャートにもあるように、
[br num=”1″] これから世界の投資機関も続々と参入する見込みがありますから、
[br num=”1″] 中長期で見ると、まだまだビットコインが値を上げていく可能性が高いのです。
[br num=”1″] ですから、私たち投資初心者は
[br num=”1″] 短期でのビットコイン売買には手を出さず、
[br num=”1″] 半年や一年などの長期の投資を行えば十分これからも
[br num=”1″] ビットコイン投資は儲かると見ていいのです。
[br num=”1″] ビットコインで儲けるコツは、長期で少額投資からはじめることをおすすめします。
[br num=”1″] ビットコインは「取引所」と呼ばれる所で
[br num=”1″] 購入できます。
[br num=”1″] 安全で多くの人が使っている取引所ランキングはこちら
↓  ↓  ↓
⇒国内取引所比較ランキング
[br num=”1″][br num=”1″]

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です