2020年リップル(XRP)の価格をあーこが予測してみた

あーこです^^

 

2017年はリップルの高騰の年になりましたね。

 

2017年11月頃まではずっと25円付近を横ばいに推移し、

 

リップラーはずっと日の目を見ることができない状況でした(苦笑)

 

2017年12月には一気に10倍以上の高騰を見せ、

 

一時期は1XRP=400円まで高値を更新しました。

 

ではもっと長期的にみて、2020年にはリップルの価格はどうなっているんでしょうか?

 

個人的にはリップルは明るい未来が待っていると思っています。

 

個人的な見解だということをご了承ください。^^

リップルを長期チャートを振り返る

 

このチャートは2017年9月から2018年1月にかけての

 

リップルのチャートになります。

 

2017年前半から11月ぐらいまでにかけては

 

ずっと1XRP=20円台をウロウロ横ばいしていました。

 

しかし、2017年12月に入ると、チャートを見てもわかる通り

 

一気に10倍以上の高騰。

 

現在では1XRP=200円台を推移しています。

 

リップルに限らず、仮想通貨市場全体にいえることですが、

 

ボラリティの高い市場ですので、

 

世界の情報により高騰したり急落したりを繰り返す傾向にあります。

 

しかし、長期チャートで見ると結果的に値は右肩上がりに推移していくことが

 

わかるかと思います。

 

 

このように、仮想通貨は短期的に見るのではなく

 

一年などの中長期的に少額投資からはじめることをおすすめします。

リップルがどうして将来明るいのか?

 

リップルの将来性やどうして未来が明るいのかは、

 

このブログでも何度か触れていますが、

 

⇒リップルの今後の価格と将来性は?!

 

私はリップルのファンダメンタルズに納得しています。

 

リップルを仮想通貨と法定通貨の橋渡し役の役割りとし、

 

すでにリップルは世界中の銀行100行と提携を結んでいます。

 

最近のニュースでは国際送金会社世界トップ5のうち

 

3社がリップルと提携すると発表がリップルの公式Twitterで発表がありました。

 

 

そのうち、世界No.2の国際送金会社「マネーグラム」との提携も

 

発表しています。

 

 

 

こちらはリップルが提携完了した世界の銀行ですね。

 

そして2018年から実際に銀行がリップルを使っての送金を決定しており、

 

2018年からリップルが本格的に使われていく、と考えていいと思います。

 

リップルの賢いところは、銀行がリップルを使えば、

わずかな手数料と瞬時に国際送金できることから、

 

銀行にも多大なメリットを与えることになり、

 

リップルが世界中の銀行をうまく取り込んでいることに、

明るい将来性を感じます。

 

AI(ウェブボット)の予想

ウェブボットというとどういった印象がありますか?

 

たかが機械と思いますかね^^;

 

ただ、年々AIの精度が上がっていて、

 

あの有名な世界企業であるゴールドマンサックスは2年前までは

 

トレーダーを数百人採用していましたが、今年はなんとたったの2名。

 

他はすべてAIにトレードさせています。

 

つまり、有名な世界的企業もすでに人間よりAIのほうが優秀だと認めています。

 

そのAI(ウェブボット)が、仮想通貨の未来予測をしています。

 

仮想通貨のAI予測はマイクロソフトの元コンサルタントである

 

クリフ・ハイ氏が開発しています。

 

現在では相場に影響を与えかねない、とウェブ上での公開はしていません。

 

以前のAI予想ですと、

 

ビットコイン(BTC)・・・2018年秋頃までに1BTC=220万円ぐらいまでに上昇する

 

イーサリアム(ETH)・・・2018年3月頃不釣り合いなほど価格が高騰する

 

リップル(XRP)・・・2018年5月頃本格的に上昇する 2018年はリップルの高騰が激しい年になる

 

 

だそうです。

 

実は私も以前よりAIが言っている価格予測をそれぞれのアルトコインに当てはめて

 

値動きを見ているのですが、

 

ほぼ当たっており、2018年5月のリップルの高騰にはとても期待しているうちの一人です。

2025年1リップル8033ドル?!

https://twitter.com/Crypto_goat_/status/934633313322635265

これは本当でしょうか?!(笑)

 

このTweetの予測ですと、

 

2025年までにリップルは1XRP=8,033ドルの価格予測をしています。

 

2018年1月のリップルの価格は約250円ほど。

 

この予測だと2025年には1XRP=90万円ほどになりますから

 

なんと約3600倍になります・・・

 

 

これが本当なら私は36億円ほどになっているはずですから、

 

しばらく気絶しておこうと思います(笑)

 

リップルを購入できる所

このように、リップルは将来とても明るい仮想通貨だと思っています。

 

仮想通貨市場全体がボラリティの高い市場ですから、

 

リップルも一時期急落することはあるでしょう。

 

しかし、年単位の長期目線で見れば、

 

明るい材料から考えてきちんと値を上げてくれると思っています。

 

 

では、リップルはどこで購入できるのか?

 

ですが、取引所で購入します。

 

リップルの取引所というとコインチェックを使う方が多い方思いますが、

 

実はコインチェックは販売者なのでスプレッドが3%~5%と、

 

とても手数料を取られます。

 

例えば先ほどの3600倍にリップルが価格高騰する予測ですが、

 

手数料で5000円程の差がついたとして(そのぐらい取引所ごとで手数料は変わります)

 

その手数料分だけで数年後は18万円分も手にする金額が増えることになります。

 

なので、私が一押しするのは、

 

仮想通貨販売所ではなく、板取引のできる仮想通貨取引所をおすすめします。

 

板取り引きとは、売り手ユーザーと買い手ユーザーが直接やりとりする

 

仮想通貨取引所のことをいいます。

 

私がリップル売買で使っているのが

 

「ビットバンク」です。

 

ビットバンクは板取引きができる取引所なので、

 

手数料はほぼ取られないと考えていいです。

 

コインチェックとビットバンクでリップルを買った時の比較

 

では実際にコインチェックでリップルを購入した時と、

 

ビットバンクでリップルを購入した時の価格差を見ていきましょう

 

 

【コインチェックでリップル購入時】

 

コインチェックで1000XRP購入すると、136,000円です。

 

 

【ビットバンクでリップル購入時】

 

ビットバンクで1000XRP購入すると、127,990円。

 

136,000円-127,990円=8,010円

 

なんと取引所が違うだけで8000円もの差が出てきてしまいます。。

 

つまり、今後リップルが高騰していくと、

 

手数料を抑えてその分リップルを多く手にすれば

 

利益が数十万も変わることだって十分あり得る話なんです。

 

同じ金額で同じコインを購入するなら、

 

損しない方法で購入したいですね。

 

ビットバンクは無料で登録できますから、

 

ぜひ、損のない方法でリップルを手に入れてください。

↓  ↓  ↓

仮想通貨ならビットバンク

 

 

 

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です