つらい手荒れは改善したいと思いませんか。水仕事をしている方や冬場に多く発生する悩みの一つが手荒れです。手荒れがひどくて痛い、水仕事がつらい、ガサガサな手を人に見られることが恥ずかしい、そんな経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

手荒れは丁寧にケアすれば改善

手荒れがひどくて痛い、水仕事がつらい、ガサガサな手を人に見られることが恥ずかしい、そんな経験を持つ方もいるのではないでしょうか。手荒れが改善をすれば、水仕事をしたときにもしみることがなく、手の見た目もきれいになることでしょう。

手荒れ改善のためにこれまでさまざまなことを実践してきた方もいるはずです。ハンドクリームを塗ったり、寝るときに手袋をしたりなど、苦労をしてきませんでしたか。しかし、それでも改善しなかった方もいるはずです。

手荒れを改善するにはポイントがあります。

ポイントを押さえてケアをして手荒れ改善を目指しましょう。

では、具体的にどのようなことを実践していけばよいのでしょうか。やっておきたいことを紹介します。

ハンドクリームで手荒れ改善

手荒れの原因の一つが皮膚の乾燥です。手は皮脂がほとんど分泌されない部位で乾燥をしやすくなっています。冬場は血行が悪くなり、それによって手は乾燥をしやすくなります。つまり、手荒れ改善のポイントは乾燥を防ぐことです。

乾燥を防ぐためにはハンドクリームを使用します。これまで手荒れの改善のためにハンドクリームを使用したけれど、改善できなかったという方もいるはずです。手荒れが改善するためには、ハンドクリームの選び方と使い方にポイントがあります。

ひび割れて痛い場合はにはビタミンが配合されているものがおすすめです。

かさかさが気になるときには、ヒアルロン酸やオリーブオイルなど保湿成分が配合されているものを選びましょう。水仕事をした後には必ず塗るようにします。

手の甲、手のひら、指の間、指先までしっかりと塗ります。こまめにしっかり塗ることが手荒れ改善のためのポイントです。

手袋をして手荒れ改善

手荒れをするのは皮膚が乾燥をするからです。お皿洗いなどの洗剤を使って行う水仕事は、皮膚に存在する潤い成分を奪ってしまったり、洗剤に含まれる成分が皮膚にダメージを与えます。こういった刺激から肌を守ることが手荒れ改善のためには重要です。

手荒れを改善するためには、水仕事をする際にはゴム手袋をすることをおすすめします。使い慣れていない方は始めは違和感を感じるかもしれませんが、手荒れ改善のためにゴム手袋を着用するようにしましょう。しばらくすれば慣れるはずです。

肌が敏感な方はゴム手袋で手荒れを起こしてしまう心配があるので、綿手袋の上にゴム手袋をしてください。
ゴム手袋をして手を刺激にさらさないことが手荒れ改善のためのポイントです。
水仕事を行った後にはハンドクリームを塗って保湿ケアをしましょう。こまめに塗っておくことも手荒れ改善のためには大切です。

他にも美肌のためにできることは?

美肌を目指す人におすすめの飲み物と言えば、ごぼう茶です。人気ごぼう茶の口コミでチェックして、さらなる美肌を目指しまましょう。ダイエットをしたい人にはメタボメ茶もおすすめです。また、吹き出物やアトピーに悩んでいる人は、なた豆茶の効果も期待できます。