仮想通貨(ビットコイン)ウォレットとは?保管方法

仮想通貨(ビットコイン)ウォレットとは、


一体何でしょうか?


ウォレットというのは一般的にいうと、


保有した仮想通貨(ここではビットコインを例に説明します)を


保管しておく所です。


仮想通貨はバーチャル通貨ですから、


実体(物質)そのものはありません。


投資した額が大きければ大きいほど、


セキュリティのためにきちんと保管しておく必要があります。


そこで登場するのがウォレットです。

仮想通貨ウォレットって?おすすめはどれを選ぶ?

ビットコインを所有する、とは?

ウォレットの説明の前に、


ビットコインを所有することについてみていきましょう。


ビットコインをはじめとする仮想通貨には実体がありません。


ビットコインを所有するには、


まず256ビットの自分専用の秘密鍵データを作成し、


秘密鍵とペアになる公開鍵データを作成します。


そしてとあるプロセスに沿ってビットコインアドレスを作ります。


ちょっとややこしいですね・・・





このように、すごくかんたんにいうと、


ビットコインを所有する、というのは


秘密鍵+公開鍵+ビットコインアドレスが作成され、


ビットコインがまだ使われないまま、ビットコインアドレスの秘密鍵を


持っている人が所有者だ、といえます。

秘密鍵は超大事

ビットコインの所有とは、秘密鍵を知っている、という意味ですが、


この秘密鍵というのは私たちにとってとてもとても厄介です。


秘密鍵の中身なんですが、256桁のランダムな数字で構成されています。


銀行の口座番号のように正確には覚えられませんね。


紙に書き写しても、途中で間違えてしまいそうです・・・


同時に、この秘密鍵というのは、自分以外の人に知られてはいけません。


銀行の口座番号ですと、口座番号だけ他人に知られても、


勝手に口座のお金を使われることはありませんが、


ビットコインは秘密鍵と直接紐づいているため、


秘密鍵を知られてしまうと、勝手に使われてしまう可能性があります。


そこでビットコインの秘密鍵は厳重に保管する必要があります。

ウォレットの種類

ビットコインの秘密鍵は「ウォレット」に保管することで


安全に資産を保存しておくことができます。


厳密にいいますと、ウォレットだけでもいくつかの種類がありますが、


ウォレットとして一般的なのは以下の通りです。


・ペーパーウォレット


・ハードウォレット


・ウェブウォレット


ではどのようにしてウォレットを選べばいいのでしょうか?


これは、その人の投資額によると思います。


たとえば、ビットコインに数百万の投資をした人は、


セキュリティの弱いウォレットに投資すると危険性がありますし、


数千円の投資額でハードウォレットを使うと、ハードウォレット代金のほうが高くついてしまいます。


では、それぞれのウォレットの特徴について紹介していきます。

ペーパーウォレット

ウォレットの中でも、ペーパーウォレットが一番強固なセキュリティといえます。


ペーパーウォレットとは、その名の通り、紙にビットコインの秘密鍵データを


保管することをいいます。


ビットコインはインターネット上でやり取りしますから、


紙に保管することで、インターネットとは切り離して保管するため


安全です。


ペーパーウォレットを使うべき人は、


ビットコインへの投資額が高額で、ビットコインを資産として


長期的に保存したい人向けです。


ペーパーウォレットに秘密鍵を保存すると、


ビットコインを使う時に再度インポート作業が発生するので


投機目的の人には利便性が悪いですね。

ハードウォレット

ハードウォレットとは、ビットコインの秘密鍵を物に保存することをいいます。


代表的なのが、トレザーやレジャーナノです。


USBのような形をしていて、高いセキュリティのため支持されています。


ただし、「物」はいずれ壊れますし、もしかしたら紛失することだってあり得ます。


また、定期的に更新作業が必要なため、


説明が英語だと、理解できないこともあります。


人によりますが、かえってウェブウォレットに保管しておいたほうが


安全な場合もあります。

ウェブウォレット

クラウド上などで、一括で秘密鍵とビットコインアドレスをまとめて保管します。


コインチェックやビットフライヤーが代表的ですね。


すぐに資金を移動できるのでとても便利です。


ただし、ウェブウォレットはすこしでも個人情報が流出してしまうと、


セキュリティ面ではとても脆弱といえます。


ペーパーウォレット、ハードウォレット、ウェブウォレットの中では


ウェブウォレットが一番セキュリティには弱いです。


そのため、投資で動かすためだけの額をウェブウォレットに保管し、


資産となる額はハードウォレットに保管する。


などその人によって使い分けて、自己責任でビットコイン投資を行いましょう。

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ