マウントゴックス事件の真相とは?

仮想通貨(ビットコイン)というと、


多くの人が、


詐欺ではないか?騙されるのではないか?


と思うようです。


でもそれって実は以前にあった


「マウントゴックス事件」が


仮想通貨を詐欺だと思う引き金になっていませんか?


私もつい最近までは仮想通貨なんて円天詐欺(古いw)レベルの


単なるマネーゲームで一部の人の遊びかなって思っていたうちの一人です。


でも、マウントゴックス事件の真相を知ると、


どうやら世界の動きと日本がいかに遅れているか?


これから金融の大転換期に私たちは立たされているのに、


間違った認識で稼げる機会を失うのって大損失なのでは?


と、むしろマウントゴックス事件が気づきを与えてくれたことに感謝すらしてしまうのです。

マウントゴックスがビットコインを怪しくさせた?!

マウントゴックス事件ってな~に?

マウントゴックス事件とは、2014年に


マウントゴックス取引所にあったビットコイン114億円分が消失してしまった事件。


この写真を見ると思い出す方もいるんじゃないかと思います。
↓  ↓  ↓



当時のマウントゴックス取引所の社長が「マルク・カルプレス氏」なんですが、


記者会見の時のビットコイン流出の理由が


「システムに弱いところがあり、ビットコインを消失してしまった」


という内容のものでした。


同時に、当時の報道のされ方も、


「ビットコインはシステムが弱いだけでかんたんになくなってしまう、怖い通貨」のような


報道のされ方でした。。


でも、この事件の真相は、後にビットコインのセキュリティが悪いワケではなかったことがわかります。
(というより、ブロックチェーンはそんな簡単にセキュリティを破られるほどかんたんなシステムではありません^^;)


当時はビットコインや仮想通貨なんて簡単に盗まれてしまう


怪しい通貨、として多くの日本人の記憶に残りました。


しかし、後日わかったことは、マウントゴックス取引所にハッカーが入り、


ビットコインが盗まれた事実なんてものはなく、


社長のマルク・カルプレス氏が取引所内部に入り込み、


顧客のビットコインを盗んだつまり横領したというのが事の真相です。
(厳密にいえばそのまた後日、マウントゴックス取引所内部の人間
アレクサンダー・ヴィニクが逮捕されています。こちらが真犯人なのでは?
という見方が強いです)


では、ビットコインが悪なのか?犯人がいることが悪なのか?


を考えていきましょう。

銀行が倒産しても円は無価値にならない!

法定通貨の円やドル、これらの通貨は銀行に預けますよね?


銀行も倒産することがあります。


でも、銀行が倒産したからといって、円も紙くずになるということはないと思います。


銀行が倒産しただけであり、円は国の信用で価値が決まるので、


銀行の倒産=円の価値0円は成り立ちません。


ビットコインも同じです。


仮想通貨は銀行ではなく、預けるのは取引所となります。


マウントゴックス取引所は仮想通貨の取引所のうちの一つです。


マウントゴックス取引所で横領事件があった=ビットコインの価値ゼロ


という図式は成り立たないということがわかると思います。

犯人とビットコインを混同しない

ビットコインは今や法定通貨(ドルや円など)に代わる


主軸通貨になるのではないかと予想されています。


2012年、1BTCで1000円だったものが、


2017年8月には1BTC40万円を突破しています。


実に400倍の値上がりですね^^;


東京オリンピックの年までに、


1BTC=500万円~1000万円まで値を上げるのではないか?


とウォール街の金融専門家はみていますね。


日本は仮想通貨について世界より2年ほど遅れていると言われています。


これからまだまだ高騰していくであろうと予測されている仮想通貨。


一つの取引所の報道の一側面だけを見てすべて詐欺、と判断してしまうのは


とてももったいない話です。

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ