仮想通貨のリスクとは?危険性は?

仮想通貨に限らず、


どんな金融商品にもリスクは存在します。


投資の世界は「自己責任」が大前提です。


どんな失敗をしても責任は自分が被るしかない以上、


仮想通貨のリスクについてもしっかり知った上で、


投資するという判断を下すべきと私は思います。


では、仮想通貨のリスクや危険性ではどんなことに注意したらいいのでしょうか?

仮想通貨のリスクとは?

仮想通貨のリスクを小さくする方法とは?

どんな金融商品にも言えることなんですが、


仮想通貨でさまざまなリスクを回避する方法は、


「小さく始めること」


これに尽きます。


「これなら失ってもだいじょうぶだ」


と思えるような金額で仮想通貨を買ってみるということ。


人それぞれその金額は異なりますが、


一つの目安として、


今の自分の年収がカットされた時、


いくらまでなら我慢できるか?が一つの目安になります。


年収1000万の人は50万円分買ってみてもいいと思いますし、


年収300万の人だったら苦しい金額かもしれません。

投資に全額つぎ込む危険性

投資の性質は、元手をかけるほど、


当たった時の見返りは大きくなります。


すると、財産のほとんどを一つの金融商品につぎ込んでしまう人もいるようです。


しかし、これは非常に危険です。


どれだけ有望な金融商品で「数倍に値上がりする可能性がある」


と言われても、それはあくまで可能性に過ぎません。


仮想通貨ですらその価値がゼロになる可能性は0%とは言えません。


もし財産のほとんどつぎ込んだ金融商品が大暴落したら


大儲けどころか破産の危機になってしまいます。


だからこそ「小さく始める」のです。


「小さく始めたら大きく儲けられないじゃないか」と


思う方もいるかもしれません。


しかし、仮想通貨はもともと


「ピザ2枚分の仮想通貨が数億円の価値を持つようになった。」


ということを思い出しましょう。


ほかの金融商品ならともかく、


仮想通貨はこれからも伸び盛りの金融商品です。


小さく始めても十分に儲けられる可能性が高いです。

投資の格言

投資の世界に格言があります。


【一つのかごにすべての卵を盛るな】


という格言があります。


これは、分散投資しよう、という意味です。


例えば株。


一つの銘柄に全予算を投じれば、


その株が0円になると、資金が尽きてしまいます。


そうではなくて複数の銘柄に分散投資しておけば、


一つの株が0円になっても大部分の資産は守られるわけです。


このように、資産を複数の金融商品に分散して投資することを


分散投資といい、あらゆる投資の鉄則とされています。


仮想通貨も同じことが言えて、


分散投資を常に意識するべきと私も考えます。


一つの仮想通貨ばかりに投資せず、


見込みがあると思った仮想通貨に分散して投資していくと


リスク回避になります。


参考になりましたら幸いです。


あーこでした^^

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ