仮想通貨のicoって何?

仮想通貨のICOって聞いたことはありますか?


仮想通貨に興味のある方でしたら一度は聞いたことがあるかもしれません。


では、ICOって何?儲かるの?


についてご紹介していきたいと思います。

仮想通貨のICOの意味は?

そもそもICOってなんだ?

まず、ICOの意味なんですが、


ICO=Initial Coin Offeringの意味で、


株式投資であれば未公開株のようなものです。IPOと呼ばれるヤツですね。


※IPOって何?


IPOとはInitial Public Offeringの略で、


株式会社が上場する前に、株を購入し、


上場した後にその株価が高い値がつけばその差益が収入になるというもの。


ものすごいざっくりと、ですが。



これの仮想通貨バージョンがICOと呼ばれます。


これから仮想通貨を出すのって、


おそらく企業などの組織だと思うんですよね。


企業が仮想通貨を発行する際に、


通貨あるいはトークンを出すのですが、


その際に資金調達をしてから公開します。


そのプロセスをICOと言います。


それで仮想通貨のICOコインを買うと儲かるのか?詐欺コインはあるのか?


というのが、あなたの関心事だと思うのです。

これから儲かるICOコインを見つけるのは難しい?

上述したIPOというのは、株式会社と投資する人間との間に


幹事会社が入るのが一般的です。野村証券とかがそれです。


しかし、仮想通貨ICOは、間に入る業者はありません。


つまり、「仮想通貨を発行しよう!」と思えば極端な話誰でも発行できてしまい、


今では詐欺の温床にもなっています・・・(中にはちゃんとしたICOもある)


詐欺的ICOコインというのは、


■そもそも上場公開するつもりがない


■公開しても広めるつもりもない(=つまり値が上がらない)


■ICOの資金調達の仕組みを利用して資金だけ集めて消える


こういった詐欺っぽいICO通貨がたくさん存在するようになってしまいました。


現在のICO通貨は以下のサイトでチェックできます。(購入はおすすめしません)
http://www.icocountdown.com/





このようにたーくさんのICO通貨がずらっと並んでいます。


少し前は一か月で20個30個のICO通貨が出てたんですが、


今では一か月70個80個程度でしょうか。


このように爆発的にICO通貨は増えているのです。

ICO詐欺コインの見分け方

ICOコインを投資初心者が見定めるのは今は非常に困難です。


しかし、詐欺に遭わないためにも、


判断する方法をご紹介したいと思います。

セキュリティ・ビジョン・運営者をしっかり見る

仮想通貨の最も優れている所は、


P2P方式でユーザー間取引きできる所。これで少額決済も可能になります。


⇒P2Pシステムの詳細こちら


また、ブロックチェーンがあることで仮想通貨がかんたんに改ざんできない


強固なシステムになっています。


この仮想通貨が仮想通貨として価値が高くなるのに、


どんなブロックチェーンシステムを採用するのか?


P2Pシステムの説明さえできていない、とか。


こういったICOコインの中身をきちんと説明しているかは最低限チェックしましょう。


この前ICOコインの詐欺コインのパンフレットを見ましたが、


システムの説明は一切ありませんでした(笑)


そして、ICOコインを発行する企業の明確なビジョンがあることも大事です。


仮想通貨というのは、世界中のみんながその通貨を求めるからこそ


仮想通貨の価値が上がります。


そのためには世界に広める明確な戦略が必要です。


このタイミングで○○地域にまず広めて、資金計画はこうです、


などの具体的な説明ができないのはとてもとても怪しいです。

ねずみ講でないこと

これはですね…絶句してしまったんですが、


ICO通貨、つまり仮想通貨であるにも関わらず、


ねずみ講とかメンバー紹介制度で会員を堂々と募っている


ICO通貨があるんですね・・


P2P方式とは真逆というかP2Pシステムを理解していない人を


言いくるめて購入させてる手口ですね。。


そもそも、仮想通貨というのはユーザー間でダイレクトにやり取りできるから、


間に銀行をはさまず、手数料もほぼなしでわずかな時間で取引きできるのが


最大の特徴なんです。


そのシステムに対してICOで資金調達するべきなのに、


ねずみ講で購入者を増やしていくなんて、


ICOコインの理論をきちんと説明できない証拠です。。


ねずみ講・メンバー紹介制度という言葉が出てきたら


明らかに詐欺ICOコインといえるでしょう。(ほんと、購入者をバカにし過ぎ)

ホワイトペーパー・ソースコードの開示

ICOコインを発行する企業のホワイトペーパーもしっかり読み込みましょう。


ホワイトペーパーとは、


ICO通貨の構想・企画、戦略などを明確化し、


これから資金を募る際に提示する公開文書です。


これから資金を調達するというのに、


ホワイトペーパーさえ堂々と公開できないのは完全に詐欺です。


そして世界中のみんなが欲しがる仮想通貨になりそうか?


ビジョンに共感できるのか確認するのも非常に大事です。


それと同時に大切なのがソースコードの開示です。


P2Pシステムを採用している以上、ソースコードはオープンになっていて当然です。


従来の銀行などの中央集権型管理であればもちろんソースコードは開示されませんが、


ユーザー間の信頼性で成り立っている仮想通貨なのに、


・ソースコードが他の仮想通貨のパクリなだけ


・ソースコードがそもそもない(公開するつもりのない資金集め目的)


そんな詐欺ICOコインも存在しますので、


まあ、ソースコードを読める人なんてプログラマーなどの一部の人たちだけでしょうが、


セミナーなんかに参加して「ソースコードの開示を希望してます」といって


運営会社がキョドってしまったらそれは詐欺ICOコインだと認識しましょう。


ということで、どのICO通貨が儲かるとか、詐欺コインでないかを


見極めるのはかなり困難かと思います。。


どうしても投資してみたい場合は少額投資で、


なおかつ明確なビジョンやロジックがあり納得できるICO通貨であれば


投資もアリ?なんて思います。

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ