COMSAトークンの買い方登録方法など

今何かと話題のCOMSAトークン。


数日前はCOMSAトークンのダッシュボード登録者数は8万人だったのに、


2017年9月11日現在すでに15万人を突破しました。


予想以上に注目されていますね。


では、COMSAトークンって何?買い方は?登録方法は?


などを紹介していきたいと思います。

COMSAトークンの購入方法ぜんぶ紹介!

COMSAトークン仮想通貨での位置付け

COMSAトークン(COMSA通貨)ってどんな仮想通貨なの?


を一言で言えばICO通貨です。


ICO通貨って何?という方は以下のページも参考にしてください。
↓  ↓  ↓
⇒仮想通貨のICOって何?こちら


ようは例えていうなれば、


株式会社が上場する時、差益収入で稼ぐ投資家を募って


資金調達する感じ。(ちょっと乱暴かな笑)


それで、日本は仮想通貨に対して遅れてるから、


今ではICO通貨なんて毎日のように世界中で生まれているのに、


日本発のICO通貨はまともなのが今までほぼなかったんです。


すでにビットコインやイーサという優れた仮想通貨があるので、


それ以上に戦略なり、役に立つ役割がそのICO通貨になければ、


たとえ公開にこぎつけても、世界中のみんなに求められない=価値が上がらない


と考えていいです。


しかし、ここでCOMSAトークンがやってくれました。


きちんと仕組みを知れば、買わない理由がないとさえ思う。
(数日前から震えてますw)

COMSAトークンはなぜこんなに話題になってるの?


COMSAは、Dapps(分散型アプリケーション)だけでなく、主に現実社会における既存ビジネスを中心にICOのサポートを手がける


また、クリプト経済において普及の障壁となっている問題のひとつを解決するためのプロジェクトとされており、このプロジェクトは、企業経済とパブリックブロックチェーンとの架け橋となることを目的としている


COMSAは企業自体とそれが今後活用することとなるNEM、Ethereum、Bitcoinのパブリックブロックチェーンネットワークとを、mijinのプライベートブロックチェーンを併せてつなぐための触媒となる



すみません…何を言っているのかさっぱりわかりません。。


そして、続けて・・・


COMSAの現在の戦略は、中央集権化された実ビジネスをまずブロックチェーン側に誘導し、それを非中央集権化された要素で拡張し、そして技術が成熟した暁にはそのビジネスモデルをさらに非中央集権化された状態へと改良していく、というものである


現時点での我々のポリシーは、技術の黎明期に「限りなく非中央集権化を目指す」というものではなく、明確に「限りなく堅牢で、トラストレス、且つ監査可能であること」である


テックビューロは当然ながら未来の経済は非中央集権化された環境であることを認識しつつも、であるからこそ、その豊富な経験を以て実経済のビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を現実的にサポートすることができる



これは偏差値いくつ以上だったら読解できるんだろうか・・・


こういう時は図頼り。



※なんか図が画面からはみでてますが、


見やすいようにわざとはみ出させてます。悪しからず。


それでもっとわかりやすいようにお伝えすると、


今までは損害保険会社内でプライベートブロックチェーンを使用し、


顧客管理やら保険料を支払う、というデータやらを保管していた。


つまり被保険者は繋がっていませんでした。


被保険者が仮想通貨を保有していると、


COMSAトークンが損害保険会社のプライベートブロックチェーンと


仮想通貨のパブリックチェーンとをつなぐ役割りを果たすので、


ダイレクトで被保険者つまり仮想通貨ユーザーにつながるという仕組みです。


えっとですね。


今までマイクロソフト社のビルゲイツは
「近い将来ビットコインで銀行がいらなくなるだろう」


とか、Facebookのマークザッカーバーグも同様のことを話してました。


しかし、今回COMSAトークンはそのもう一段階上の、


今まで仮想通貨のブロックチェーンを採用していなかった企業をターゲットにしていく。


ブルーオーシャン、テックビューロ社が一社独占状態になるかも?!


的なすんごい技術なんです。


あともう一つすごい役割がCOMSAトークンにはあります。


それが、国内初のICOのプラットフォームになるのがCOMSAトークンです。



COMSAがICO通貨のプラットフォームになる、は何だ?ですが、


これから企業が仮想通貨を発行したい数はたくさんあります。


その企業が資金調達を行う際に、


仮想通貨で調達できれば、かなり効率がよくなる。


この役割りをCOMSAトークンが担います。


まずは対象が国内企業のようですが、日本の仮想通貨取引き高も結構なもんで、


今後世界中でも期待される見込みです。


COMSAトークン、というよりテックビューロがやってくれそうです。


事実、ジャフコとインフォテリアから資金調達で16億円の資金を調達しています。


これはすごい。

COMSAトークンの買い方は?

さて、大興奮状態のあーこですが、


COMSAトークンの買い方は注意が必要です。


まだ正式な発表がありませんが、


基本的にビットコイン、イーサなどでCOMSAトークンを購入するなら


取引所への登録が必要です。


それが一つなのと、


COMSAダッシュボードなるものがあり、


COMSAトークン関連のアナウンスはこのCOMSAダッシュボードが


一番情報が早いようです。


COMSAトークンの購入方法の速報は、


COMSAダッシュボードの無料登録が必須ですね。

COMSAダッシュボードに登録する(無料)

まずは、COMSAダッシュボードに無料で登録することで


COMSAトークンを購入できる可能性がかなり高いのでは?と言われています。


⇒COMSAトークンダッシュボード無料登録こちら


それと、COMSAトークンダッシュボードに事前登録しておくと、


優先的にCOMSAトークンについてのアナウンスメールが届くので


COMSAトークン購入希望者は必須だと思います。


COMSAダッシュボードの登録方法ですが、かなりかんたんです。


COMSAダッシュボードにアクセス。


②メールアドレスを入れる・パスワードを入れる





④送られてきたメールをクリックして正式登録完了です。

zaif取引所に無料登録しておく




COMSAトークンの購入方法はまだ公式発表されていません。


上記図は、COMSAトークンを発行する会社テックビューロの販売スケジュールなんですが、


ビットコイン、イーサリアム、ネムコインの図があります。


つまりこの三種類の仮想通貨でCOMSAトークンを購入できる可能性が高い。


COMSAトークンの購入を検討している人は、


ビットコイン、イーサリアム、ネムコインのどれかで購入できるように


事前準備を済ませておくべきですね。


それで、ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するなら


取引所という所で購入できます。


取引所はzaifがいいでしょう。


zaifという取引所は、今回COMSAトークンを発行する運営会社テックビューロが


運営している取引所なんです。


comsaトークンを購入できる取引所としては同会社が運営する取引所が優先されるでしょう。


今回、COMSAトークンはあまりにも話題というか期待されていて、


その人気に伴い、zaif取引所の登録がかなり混み合っています。


COMSAトークンの発売期間が2017/10/2の14:00から2017/11/06の14:00


までですから、zaifの登録もかなり急いだほうがいいです。
(通常1週間程度だそうですが、現在2~3週間ぐらいかかってるみたい。
ギリCOMSAトークン発売日に間に合いますね)


zaifへの登録だけであれば無料で登録できます。


⇒zaif無料登録こちら

ビットコイン・イーサリアム・ネムコインの購入は住信SBIネット銀行からの振込みがおすすめ



COMSAトークンを購入する手段が、


ビットコイン・イーサリアム・ネムコインのみであれば、


取引所でCOMSAトークンを購入する分の上記通貨を事前に購入しておく必要があります。
(※円でCOMSAトークンを購入できるかどうかはまだわかりません。)


取引所でビットコイン、イーサ、ネムコインを購入する手段としては、


・銀行口座から円で購入
・クレジットカードで購入


が主な方法です。


クレジットカードでの仮想通貨の購入は手数料を約10%前後取られるので
おすすめしません。



仮想通貨同士のやり取りがほぼ無料なのに、


仮想通貨を購入するために手数料を多く取られてしまうのは損です。


また、日本の銀行口座、例えばメガバンクからの入金も数百円は手数料としてかかります。


ということで、ビットコイン、イーサ、ネムコインを手数料無料で


購入できる方法があります。


それは、住信SBIネット銀行を使うことです。


住信SBIネット銀行はzaifの振込み口座になっているので、


円からの入金手数料が無料になります。


それと、住信SBIネット銀行のいい所は、


入金がかなりスピーディにできること。24時間可能です。


これがもたもたした銀行だと平日3時以降は翌営業日という、


仮想通貨の早い取引きに相反した速度なのでイライラします(笑)


これから仮想通貨投資を始める方は、


ずっと手数料無料の住信SBIネット銀行の口座開設をおすすめします。
↓  ↓  ↓
⇒住信SBIネット銀行無料口座開設はこちら

COMSAトークンの本当のリスクとは?Twitter間違ってるよ



一部Twitter上ではCOMSAトークンは発売開始直後に


その価値が半減してしまうのでは?という心配するTweetが散見されました。


これは、ちょっと間違った認識ですね…




ここのこと言ってるんだと思います。

● トークンセールの参加者は、1USD相当の購入に対して、1 COMSA(シンボル:CMS)トークンを取得する。
セール時には発行数の上限は設定されない。


● トークンセール終了時、トークンセール参加者に発行されるトークン数と同数のトークンが追加発行され、
総発行数はそこでロックされる。


言い換えれば、申し込み数を100%とした場合、もう100%が追加発行されることとなる。


● この追加発行された100%を分母として、
そのうち10%がトークンセールのリフェラルボーナスとして紹介者に配布され、
40%は既存のテックビューロ経営陣、ステークホルダー、開発者、従業員、契約社員、
そしてCOMSA ICO協議会運営に配布される。


50%はテックビューロが保持し、将来の開発、将来の配布、マーケティング、パートナーシップ、報酬、事業拡大などにあてがわれる。


● 結果として、総発行量の55%がトークンセールの貢献者に配布されることとなる。

引用元:http://www.cryptostream.jp/comsa-6063/


こういった意見ですが、イーサリアムも株もおんなじことなんです。


最近有名Youtuberをマネジメントする会社が上場することで話題になりました。


「UUUM」という会社なんですが、上場する時の株式発行枚数を見ましょう。


全体発行株式数:6,002,000株
当選株数:594,300株


です。つまり、株式会社が上場する時というのは、


すべて流通させているワケではないし、


90%を関係者に配分していることがわかると思います。


CONSAトークンもそれと同じですね。ここはCOMSAトークンのリスクの本質ではないと考えます。


COMSAトークンで私が一つ心配しているのが、


どれだけの発行枚数になるかどうか?ということです。


例えば、ビットコインは発行上限数を2100万枚に限定して


その希少性を保っています。


金と同じで、希少性があるからこそ、人々は求めます。


COMSAトークンのホワイトペーパーでは、


発行上限数をトークン発売直後に「トークンセール参加者に発行されるトークン数と
同数のトークンが追加発行され、総発行数はそこでロックされる。」


発行上限数は最終的にロックされて決定はされるのですが、


トークン発売後にどのぐらいの購入枚数があるか?です。


発行枚数の総数が多すぎると、もちろんその仮想通貨は仮想通貨としての


価値は薄まります。


私たち含む投資家がどのぐらいCOMSAトークンを購入するのかは、


蓋を開けてみないとわからない所もあります。


結論としては少額投資がいいと思います(笑)

ICOコインの購入前はホワイトペーパーを必ず読もう

COMSAトークンがあまりにも話題になっていて、


ノリで購入される方もかなりいそうです笑。


でもまあ、ビットコインだってはじめはピザ2枚分と交換して後に6億円相当になった
ぐらいですから、ノリとか日本企業への応援感覚でも全然いいと思います^^


COMSAトークンは詐欺ICOコインではありませんが、


ICOコインを購入する時は、最低限発行会社が公開している


ホワイトペーパーは読むべきかと思います。


明確なビジョン、戦略に納得できてこそ、ICOコインを購入できるし、


詐欺ICOコインに騙されない自分の目を養うことができます。


最後にCOMSAトークンのホワイトペーパーを記載しておこうと思います。
みなさんがCOMSAトークンで稼げますように☆

2009年に暗号通貨の始祖であるBitcoinが世に出て以来、


我々は同技術に集まる多大なる関心を目の当たりにしてきた。


その始まりから8年たった今も業界は劇的な成長を続け、


ブロックチェーン技術を中心とした幾千ものプロジェクトが立ち上がっている。


ブロックチェーンコミュニティで芽吹いた、価値の代替移転手段としての暗号通貨は、


更なる急成長と共に今や一般層へと浸透しつつある。


近年乱立するそれらのブロックチェーン関連プロジェクトは、


いわゆるクリプト界隈のユーザーを中心としたものである。


そのいくつかは先進的且つ意欲的で、ICOにおいても成功を見せるだけではなく、


市場経済の変化に応じて着々と事業を拡大するものもある。


それに対して、一般社会の企業によるブロックチェーン関連のニュースは未だに実証実験の域を出ない。


更には、そのほとんどは既存ビジネスにおける新たな推進力として


ブロックチェーンという言葉を利用するものの、


中には中身を理解しないままに「ブロックチェーンまがい」や「ブロックチェーンに触発された」技術
にしか触れていないものも少なくはない。


暗号通貨は得てして法定通貨に対するボラティリティが高く、


その事実は今後も変わることがない。


また、そのボラティリティが時には暗号通貨のセールスポイントであることも否めない。


しかし、それは同時に現実的なビジネスにとって、


暗号通貨を導入するに際しての最大の障壁の一つともなっている。


そして古典的なビジネス慣習や取引、会計、ガイドライン、コンプライアンスにお
いては、


パブリックブロックチェーン技術の導入を試みようとする際に、


暗号通貨建てのネットワーク手数料の問題が常につきまとうことになる。


通常、そのネットワーク手数料そのものが高いというわけではない。


手数料は本来ユーザーが意識して手間を掛けるべきものではないにも関わら
ず、その煩雑さやボラティリティがあらゆる面において実務管理上の悪夢を誘引しているのであ
る。


よって、この驚異的な成長の裏には、


まだ埋めるべき数多くの大きな溝が残されていることには疑いの余地はない。


そしてこれら溝の存在が、現実経済とクリプト経済との間に立ちはだかり、


企業がブロックチェーン技術を導入するにおいての大きな障壁となっている。


我々は今まさにその変動期の真っ只中におり、


それら問題を解決するソリューションが必要とされている。


テックビューロ株式会社は上記問題への解決策を明示すべく、


自社のICOを実施すると共に、ブロックチェーンを技術の導入に意欲的な他社に対しても


ICO関連ソリューションを「COMSA(コムサ)プロジェクト」として提案する。

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ