ブロックチェーンテクノロジーを主婦がわかりやすく解説!

ビットコイン(仮想通貨)の
[br num=”1″] ブロックチェーン、ブロックチェーンって騒いでいるけど、
[br num=”1″] 一体何?計算式なんてよくわかんないんですけど!
[br num=”1″] という方もいるかもしれません。
[br num=”1″] 私は、このブロックチェーンテクノロジーの仕組みに魅せられ、
[br num=”1″] すっかり仮想通貨にはまってしまいました。
[br num=”1″] そしてブロックチェーンの仕組みを理解したほうが、
[br num=”1″] より詐欺仮想通貨に騙されないと思います。
[br num=”1″] わたくしあーこは主婦ですが、みなさん誰にでもわかるように
[br num=”1″] ブロックチェーンの仕組み、大まかな内容をご説明したいと思います!

ブロックチェーンテクノロジーって?

どうしてブロックチェーンが必要なのか?

ではブロックチェーンを知る前に、
[br num=”1″] 「どうしてブロックチェーンが必要なのか?」
[br num=”1″] 一緒に考えていきましょう。
[br num=”1″] わかりやすいようにここではビットコインのブロックチェーンについて
[br num=”1″] 説明していきます。
[br num=”1″] 今まで、電子通貨は便利だったんですが、
[br num=”1″] 二重決済ではないかどうか?の証明ができないでいました。
[br num=”1″] そのため、海外送金なども、一度銀行という中央集権を通して
[br num=”1″] やりとりを行っていました。
[br num=”1″] 電子通貨が二重決済かどうか証明できなければ、
[br num=”1″] 極端なことを言うと、
[br num=”1″] 何度も決済ができてしまって詐欺なんてかんたんにできてしまいますし、
[br num=”1″] その電子通貨の価値は保たれません。
[br num=”1″] なので、手数料が高くて、やりとりに日数もかかる銀行を通して
[br num=”1″] お金のやりとりをしていました。
[br num=”1″] そして、今回ビットコインが世に出たことにより、
[br num=”1″] 銀行という一元管理ではなく、管理者を通さないユーザー間のみで
[br num=”1″] 電子通貨をやり取りできる非中央集権化システムに成功しました。
[br num=”1″]
つまりこういうことですね。
[br num=”1″] 今までは電子通貨のやりとりは、二重決済の整合性が証明できなかったので、
[br num=”1″] 銀行を挟んでアナログ的な方法でやりとりしていました。
[br num=”1″] しかしビットコインによってユーザー間のみで電子通貨をやりとりできる
[br num=”1″] 仕組みの開発に成功した、ということです。
[br num=”1″] 電子通貨決済のその一回が唯一無二の決済であると証明できるのが
[br num=”1″] ブロックチェーンシステムです。
[br num=”1″] では、ブロックチェーンシステムって具体的にどんなシステムなんでしょう?

ブロックチェーンシステムの内容

ではそのブロックチェーンについてこれから詳しく説明します。
[br num=”1″] ちょっと難しいかもしれませんが、ぜひこの機会に
[br num=”1″] ブロックチェーンを理解してあげてください^^
[br num=”1″]

データを書き換えできない仕組み

ブロックチェーンを図で表すとこうです

ザ・シンプル。
[br num=”1″] う~ん、でもこれだと酷い(´・∀・`)
[br num=”1″] もうちょっと詳しい図だと…

[br num=”1″] ビットコインでは毎10分ごとに取り引きが行われます。
[br num=”1″] そしてすべての取り引き履歴をブロックと言われる台帳に記載していきます。
[br num=”1″] 取り引きごとにブロックに登録するのではなく、
[br num=”1″] 取り引きの塊ごとにブロックに記帳していきます。
[br num=”1″] 新規で作成するブロックには、前のブロックすべてのダイジェストデータを
[br num=”1″] 含まれるようにします。
[br num=”1″] ダイジェストデータとは、データを簡略化し、
[br num=”1″] サイズを小さくした上でハッシュ関数という処理で作成していきます。
[br num=”1″] その値をハッシュ値と呼びます。
[br num=”1″] かんたんに言うと、あるブロックには
[br num=”1″] その前のブロックがどれであるかを示すことのできる
[br num=”1″] 前のブロックのハッシュ値が含まれています。
[br num=”1″] これにより、隣同士のブロックは関連性を持ちつつ
[br num=”1″] 一つのつながったデータが鎖のようにつながっていきます。
[br num=”1″] これを「ブロックチェーン」といいます。
[br num=”1″]
[br num=”1″] ちょっとまた同じ図になってしまいますが、
[br num=”1″] 優れたブロックチェーンでも、ハッカーなどに改ざんされてしまっては、
[br num=”1″] ビットコインの価値は崩れてしまいます。
[br num=”1″] そこで「プルーフオブワーク」という計算処理を使って、
[br num=”1″] かんたんには改ざんできないもう一つの方法を
[br num=”1″] ブロックチェーンでは取り入れています。

プルーフオブワークとは?

「プルーフオブワーク」=「仕事量による計算式」
[br num=”1″] という意味です。
[br num=”1″] プルーフオブワークは、条件を満たしたブロックが
[br num=”1″] 一番多くつながっているブロックチェーンを正規のブロックチェーンとみなす、
[br num=”1″] という意味です。
[br num=”1″] つまり、一番多くの仕事量をした結果が正しいとされ、
[br num=”1″] そこからこの名前、仕事量による計算式=プルーフオブワークと名付けられています。
[br num=”1″] このように、ビットコインのネットワークには、
[br num=”1″] 世界中の多くの人々が新規ブロックの登録を争うように行っているんですが、
[br num=”1″] 一番長いブロックチェーンしか正規として認められません。
[br num=”1″] なので、改ざんしようとしたり、みんなに合意されない枝分かれした
[br num=”1″] ブロックチェーンは、淘汰され、
[br num=”1″] 最終的には正しい計算の行われた長い一本のブロックチェーンが残り、
[br num=”1″] かんたんには改ざんされない仕組みを形成しています。
[br num=”1″] そして、ブロックチェーンには、ユーザーのすべての取り引きを
[br num=”1″] ブロックという台帳に記帳していきますから、
[br num=”1″] 電子通貨であってもこの取り引きが一回のみである、と証明できるのです。

ブロックチェーンはこれからどう応用される?

ビットコインのブロックチェーンはすでにさまざまな分野で
[br num=”1″] 応用されています。
[br num=”1″] 例えば、北欧のグルジア国では土地の登記を、
[br num=”1″] ビットコインのブロックチェーンの技術を取り入れて
[br num=”1″] 構築しようとしています。
[br num=”1″] ベルギー、ドバイ、ウクライナは政府として民間企業と協力し、
[br num=”1″] ブロックチェーン技術を自国に取り入れられないか?試験を行っているようです。
[br num=”1″] ブロックチェーンの仕組みは少し難しいけれど、
[br num=”1″] 例えばあなたが仮想通貨に投資しようとした時、
[br num=”1″] ブロックチェーンはしっかり機能しているか?
[br num=”1″] どんなブロックチェーンを採用しているコインなのか?
[br num=”1″] ここを知るだけでも、詐欺仮想通貨を買わされることはなくなると思いますよ^^
[br num=”1″] 参考になりましたら幸いです。あーこでした^^
[br num=”1″]

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です