ビットコインとリップルの違いは?

仮想通貨はビットコインだけでなく、


他にも多くの種類があります。


特にビットコインと比較されるのが「リップル」。


ではビットコインとリップルの違いは?


一緒に見ていきましょう。

ビットコインとリップルの違いって何だろう?

リップルコインとは?

リップルコインですが、ビットコインと特徴がだいぶ違います。
(同じ仮想通貨ですが)


ビットコインには運営主体がないのに対し、


リップルは運営会社があります。


Ripple Labs,INC.が運営会社ですね。


この会社がリップルを運用するリップルネットワークを作っています。


リップルはドルや円と交換できます。


法定通貨と交換する時のリップルの単位を「XRP」といいます。


よく「1XRP」と呼ばれるんですが、


詳しく言うと、XRPが仮想通貨として存在しているワケではありません。


しかし、見た目上は他の仮想通貨と同じように


法定通貨やビットコインと交換できることから


仮想通貨のように振る舞います。


XRPという単位は、ドルや円と交換するための交換基準としての単位と理解すればいいです。


次にビットコインとリップルの大きな違い、ですが、


マイニング量が大幅に違います。


ビットコインの上限発行数は2100万枚。リップルは1000億枚と決まっています。


そしてリップルにはマイニング(採掘)が存在しません。


リップルというのは、ネット上で取り引きする(IOUここでは難しいので説明は省く)


ユーザーを膨大に増やすことを目的としています。


現在ビットコインの取引量が増えてきたため、


ビットコインの送金などに10分程度時間を要するようになってきました。


これはビットコインの大きな課題です。


しかし、リップルはリップルの取引が増え、ネットワークに負荷がかかると


その価値が減ることでネットワークの信頼性を保つという性質があります。


つまり、ビットコインは決済速度が10分程度かかることに対して


リップルは約2.5秒で決済が完了することがメリットです。


ビットコインとリップルの違い・特徴をまとめます。
↓  ↓  ↓

発行上限数 発行主体 マイニング
2100万枚 発行主体がない相互監視 マイニングで採掘
1000億枚 Ripple社 すべて発行済み

それで、リップルコインの値段は今後上がるの?

リップルコインは運営主体がRipple Labs INC.だということは上述しました。


それが何を意味するか?というとリップルコインの将来性なんですが、


今後企業と提携できる、というメリットがあるんですね。


ビットコインには運営主体が存在しません。


企業が提携したくても、提携できない存在なんです。


しかし、リップル社は運営主体がはっきり存在しているので


世界の大企業が検討する余地がある。


そして運営主体があるからこそアップデートもできるのがリップルコインです。


そのため、リップルコインが仮想通貨として将来性があるか?ないか?といえば


もちろん大いにあると思います。


(必ずこの仮想通貨は値を上げる、とは誰も断定できませんが)


なのでもしあなたがリップルコインに投資するのであれば、


少額投資でなおかつ数年ぐらいの長期スパンでゆっくり見ていくことが大事だと思います。


参考になれば幸いです。あーこでした^^

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ