フュージョンコインとは?詐欺コイン?

この前読者さんに、


「フュージョンコインってどうですか?詐欺でしょうか?」


というご質問をいただきました。


いえいえ、フュージョンコインはまだまだ新しい仮想通貨ですが、


詐欺というほど怪しい仮想通貨ではないですよ~


とお伝えしました。


ではフュージョンコインとは?どういった経緯で発行された仮想通貨なんでしょうか?

フュージョンコインって何?怪しい?

フュージョンコインとは?生まれた経緯

フュージョンコインとは、2017年1月に公開されたばかりの仮想通貨。


日本発の仮想通貨です。


仮想通貨自体、開発者がナカモト・サトシ氏(正体は不明)の論文からはじまり、


世界中のプログラマーが発達させたんですが、


じゃあ、日本発の仮想通貨は?というと


モナーコインとフュージョンコインぐらいしかありません。


これは、世界中で仮想通貨が求められていて、いくつものコインが発行されているのに、


日本だけどんどん遅れている残念な状態。


そこで「ここで日本から動かなくてどうするんだ!」と開発者が思って


作られたのがフュージョンコインです。


フュージョンコインは2017年に発行したばかりの通貨ですから、


これから発展の伸びしろがあります。


フュージョンコインの特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。

最初はリップルと抱き合わせ

リップルという仮想通貨をご存じですか?


リップルはビットコインとは毛色が違い、


仮想通貨と法定通貨との橋渡し役の存在でいます。


リップルの発行枚数は1,000億枚と言われていますから、


投機的な旨みは少ないです。


こういったのを「ボラリティが低い」と言いますね。


それで、フュージョンコインの戦略というのは、


リップルとフュージョンコインは契約関係にあるので、


まずはリップルと連携してフュージョンコインを運用します。


しかし、フュージョンコインの価値が高まってくると、


リップルと同じ意味合のコインであれば、


ボラリティが低いため、投機的な旨みがなく、


フュージョンコインは買われる可能性はとても低いです。


フュージョンコインが独自レートで価格を上げはじめたら、


リップルと切り離して勝手に膨らんでいくという見込みです。


ここでフュージョンが取り入れたこと。


それが「発行枚数を限定する」ということです。

発行枚数が制限されている=価値がある

今高騰しているビットコイン(2017年9月1BTC=55万円突破)


は、発行上限数を2100万枚ビットコインです。2140年ぐらいに発行完了するのでは?


と考えられています。


仮想通貨の発行上限数を決めることにより、その仮想通貨の価値を保つんですね。


この性質は金と似ています。


金も無限に採掘できませんね?


数に限りがあるので、その希少価値でみんなが欲しがります。


ビットコインも同じ。発行上限数があり、希少価値があるから求められています。


そしてフュージョンコインは発行枚数を3000万枚に決めて


市場に開放しています。


理論上にはなりますが、


リップルが発行枚数1000億枚、フュージョンコインが3000万枚。


希少価値の対比で考えると実に最大で3333倍の価値の上昇が考えられます。


ただし、これは日本でだけフュージョンコインが普及すればいい話ではありません。


世界中の国々でフュージョンコインが認知され、人々に認められると


そこまで伸びる可能性がある、ということです。


いずれにせよ、私は日本の仮想通貨にがんばってもらいたいので、


一万円投資することにします。


まだまだ公開されたばかりのフュージョンコイン。


このコインが今後伸びれば、かなりのリターンがありそうです。


つまり先行者利益ってことですね。


参考になれば幸いです。あーこでした^^

今、期間限定で
■ビットコインを無料でもらえる方法
■これ一冊で仮想通貨の全てがわかる!教科書
を無料でお渡ししています♪
期間限定となりますのでお早めに入手してください。
以下の画像をクリックすることでダウンロード画面に移動します。
↓  ↓ 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ